47NEWS >  共同ニュース  > 記事詳細
  •  ニュース詳細     
  • 課金システムのソフト投入 任天堂、3DS向け


     携帯型ゲーム機「ニンテンドー3DS」

     任天堂の岩田聡社長は28日、都内で開いたアナリスト向け説明会で、携帯型ゲーム機「ニンテンドー3DS」について、会員同士で遊ぶ「ソーシャルゲーム」のように、ゲーム内で有料サービスを利用できるなどの課金システムが付いた新作ソフトを、2012年中にも投入する方針を明らかにした。

     ソフトの購入後に料金を払えば追加ステージで遊べる商品などを想定している。3DS本体もことし11月に機能を更新し、課金システムに対応。低迷する3DSの販売てこ入れを図る。

     岩田社長は、12年3月期連結決算の純損益が赤字見通しとなったことについて「大変重い責任を感じている」と述べた。

      【共同通信】