47NEWS >  共同ニュース  > 記事詳細
  •  ニュース詳細     
  • 小泉元首相が「減原発」訴え 「自然エネで依存度低下」


     講演で“減原発”実現を訴える小泉元首相=18日午後、川崎市川崎区

     小泉純一郎元首相は18日、川崎市川崎区内で講演し、福島第1原発事故を受けた今後のエネルギー政策に関して「政府は原発建設を進めてきたが、この費用を安全な自然エネルギー開発に使い、原発依存度を下げるべきだ」と述べ、“減原発”実現を訴えた。

     同時に「政府は、原発は低コストだとしてきたが、高レベル放射性廃棄物を処分するには、膨大な費用と数万年単位の時間がかかる」と指摘、原発はコスト面でも問題があるとの認識を示した。

     東日本大震災に関しては「震災の困難をチャンスに変えることが日本ならできる」と、小泉氏独特のジェスチャーを交えて語った。

      【共同通信】