47NEWS >  共同ニュース  > 記事詳細
  •  ニュース詳細     
  • ダニに刺され紅斑熱発病、死亡 広島県福山市

     広島県福山市保健所は16日、同市内の70代の男性2人がダニに刺され、日本紅斑熱を発病、うち1人が死亡したと発表した。もう1人は回復に向かい、命に別条はない。

     厚生労働省によると、日本紅斑熱による死者は、2008年に宮崎市で70代の女性が死亡して以来。

     福山市保健所によると、感染した2人は別々の場所でダニに刺された。

     亡くなった男性は11日、発熱や発疹を訴え、同市内の医療機関で受診。日本紅斑熱の疑いがあるとして入院したが、14日に多臓器不全で死亡した。

     日本紅斑熱は病原体「リケッチア」に感染しているダニに刺され、2~8日で発病する。

      【共同通信】