47NEWS >  共同ニュース  > 記事詳細
  •  ニュース詳細     
  • 細野氏、汚染がれきの県外処分も 福島原発事故で

     細野豪志原発事故担当相は13日、東京電力福島第1原発周辺のがれき処分に関して「福島県を最終処分場にすべきではない」と述べ、放射性物質で汚染されたがれきの県外処分を検討すべきだとの認識を示した。福島県庁の原子力災害現地対策本部を視察後、記者団に語った。

     対策本部の視察では、菅直人首相が公債発行特例法案などの成立後に退陣する意向を明言したことに関連し「(原発事故対応は)絶対に途切れてはいけない課題だ。空白をつくらないよう菅政権が終わる日まで手を抜かない」と強調した。

     細野氏は就任後、毎週末に福島県入りしており、今回で7週連続の訪問となる。

      【共同通信】