47NEWS >  共同ニュース  > 記事詳細
  •  ニュース詳細     
  • 自殺者、13年連続3万人超える 就職失敗や家庭問題が増加

     昨年1年間に自殺した人の原因・動機のうち「就職失敗」が424人と前年に比べ19・8%増え、「家族関係」や「子育ての悩み」など家庭問題も4497人と同9・2%増えたことが3日、警察庁の統計で分かった。自殺者数は3万1690人で、13年連続3万人を超えた。

     同庁は背景に、継続する「就職氷河期」や絆の希薄化があると分析、警察の相談業務の強化など対策を進める。

     総数は前年より1155人(3・5%)減ったが、毎日90人近くが自殺している計算で、深刻な状態が続いている。政府は3万人を割り込むことなどを目指し、来年6月をめどに2007年策定の自殺総合対策大綱を見直す方針。

     遺書などで原因・動機が推定できた自殺者は2万3572人。判明分を1人につき3項目まで記録している。心や体の病など健康問題が1万5802人と最多だった。

     家庭問題では「夫婦関係の不和」が1207人(前年比11%増)、「親子関係の不和」575人(14・3%増)、「子育ての悩み」157人(44%増)、「介護・看病疲れ」317人(11・2%増)など。

     経済・生活問題は「就職失敗」が20代が153人、30~50代はいずれも70人台、60代は31人、70代も9人などとなったが、全体では7438人で11・2%減。

      【共同通信】