47NEWS >  共同ニュース  > 記事詳細
  •  ニュース詳細     
  • 名古屋で生物多様性会議開幕 組み替え生物で本格議論


     MOP5の開会式であいさつする鹿野農相=11日午前、名古屋市

     世界的に損失が続く生態系の保全策や、自然資源の持続可能な利用について話し合う、生物多様性条約の国際会議が11日、名古屋市で開幕した。先陣を切って始まった遺伝子組み換え生物の扱いに関するカルタヘナ議定書第5回締約国会議(MOP5)では、生態系被害が起きた際の補償に関する「名古屋・クアラルンプール補足議定書」の採択に向けて本格的な議論が行われた。

     18~29日には、多様性保全の国際目標や遺伝資源の利益配分を話し合う生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)が開かれる。各国の利害が絡み合う厳しい交渉が予想され、議長国を務める日本の手腕が試されそうだ。

     鹿野道彦農相は11日、カルタヘナ議定書会議の開会式で「日本は四季折々の豊かな恵みを享受し、多様な文化を形成してきた。条約と議定書の意義を世界に発信していきたい」とあいさつ。

     カルタヘナ議定書会議は15日までの予定。補足議定書は、組み換え生物による被害に際して、輸入国が事業者に原状回復やその費用を求めることができる補償措置の新たな枠組みを定める。開会直前まで開かれた事前会合で合意文書案がまとまった。

      【共同通信】