47NEWS >  共同ニュース  > 記事詳細
  •  ニュース詳細     
  • 鯨肉給食復活、5千校超で実施 小中学校の18%

     1987年の南極海での商業捕鯨中止などで激減した鯨肉の学校給食が徐々に復活、給食を実施している全国の公立小中学校約2万9600校のうち、2009年度に一度でも鯨肉の給食を出した学校は、18%に当たる5355校に上ったことが4日、共同通信のまとめで分かった。

     鯨肉の給食は1970年代まで大半の小中学校で一般的だったが一時激減。復活したのは日本鯨類研究所が調査捕鯨で捕獲した在庫がだぶつき、消費拡大のため給食用に割安で提供されていることや、食文化を継承したいとの自治体側の思惑が背景にあるようだ。

     調査期間は6~8月。給食に出した学校の内訳は小学校が4009校、中学校が1346校で、40都道府県に上った。

     使われる鯨肉は南極海で捕れたクロミンククジラなどで、特定の業者を通じ学校に渡っている。鯨研によると、昨年の市価は1キロ当たり2060円だが、給食用は3分の1に割り引いた。捕獲量の3~4%に当たる約150トンが学校給食枠。

     メニューは竜田揚げが目立ち、カツやケチャップなどでつくるオーロラソースあえもあった。

      【共同通信】