47NEWS >  共同ニュース  > 記事詳細
  •  ニュース詳細     
  • 人形美術家の川本喜八郎さん死去 アニメや「三国志」も


     死去した川本喜八郎さん(人形アニメーション作家)

     日本を代表する人形アニメーション作家で、NHK人形劇「三国志」などを手掛けた人形美術家の川本喜八郎さんが23日、肺炎のため死去したことが27日分かった。85歳。東京都出身。葬儀・告別式は近親者で済ませた。後日、しのぶ会を開く予定。喪主はめい高橋裕子さん。

     東宝撮影所の美術担当を経てフリーの人形美術家に。人形を少しずつ動かしてコマ撮りする人形アニメーションに魅せられ、制作を開始。旧チェコスロバキアに渡り、世界的な人形アニメ作家イジー・トルンカ氏に師事した。

     帰国後「鬼」「道成寺」「火宅」など日本の伝統的な様式美と人形表現を取り入れた映画を次々と発表。国内外の映画賞を数多く受け、高い評価を得た。人形美術を担当したNHK人形劇の「三国志」(1982~84年)と「平家物語」(93~95年)では、情感あふれる人形を造形し、幅広い層に親しまれた。

      【共同通信】