47NEWS >  共同ニュース  > 記事詳細
  •  ニュース詳細     
  • 仮面ライダーマスクを無断販売 容疑の千葉の会社員逮捕


     千葉県警が押収した仮面ライダーのマスクの複製品=13日午前、同県警銚子署

     人気キャラクター「仮面ライダーキバ」の模造されたマスクを無断でインターネットオークションに出品、販売したとして、千葉県警生活経済課などは13日、著作権法違反(侵害行為)の疑いで、同県銚子市東芝町、会社員大沢憲司容疑者(33)を逮捕した。

     逮捕容疑は、昨年12月14日ごろ、「仮面ライダーキバ」のマスク1個を模造品と知りながらネットオークションに出品し、仙台市の男性に約1万5千円で販売、著作権を侵害した疑い。

     県警によると、マスクは国内では製造されていない。今回販売されたのはプラスチック製で、大沢容疑者は「タイから輸入し、昨年1年間で約400個を販売した」と供述。動機について「仮面ライダーは人気があり、売れると思った。遊ぶ金が欲しかった」と話しているという。

     県警は、約2年前から計約1千万円を売り上げたとみて、裏付け捜査を進めている。

      【共同通信】