47NEWS >  共同ニュース  > 記事詳細
  •  ニュース詳細     
  • 党首討論の詳報(2) 公明・山口那津男氏

     ▽協議機関の設置を―山口氏

     ▽成案得るよう努力―首相

     【政治とカネ】

     山口那津男公明党代表 確定申告書を自分で提出したことはあるか。

     首相 質問を政治とカネの問題からスタートさせるのは不徳の致すところだ。税務署に並んだことはない。

     山口氏 母親からお金を渡されながら長年納税しなかった。納税者は怒っている。

     首相 国民のけしからんという気持ちは分からない訳ではない。納税義務は率先して果たす。

     山口氏 公明党は会計事務への政治家の監督責任を強化する政治資金規正法改正を打ち出した。企業・団体献金禁止も提案して与野党の協議機関設置を求めているが、与党からは回答がない。

     首相 公明党が望ましい案を作ってくれた。協議機関の設置に賛成したい。大いに議論を進めることを期待する。ぜひ成案を得るよう民主党としても努力したい。

     【日米関係】

     山口氏 米軍普天間飛行場移設問題は迷走し、インド洋での補給支援活動を中止した。日米関係は良好とは言えない。

     首相 普天間問題は必ず5月までに結論を出す。それによって日米関係が盤石になると信頼してほしい。

      【共同通信】