47NEWS >  共同ニュース  > 記事詳細
  •  ニュース詳細     
  • 不正疑惑の歯科医自殺図る 愛知、人工歯根使い回し

     愛知県豊橋市の歯科医院でインプラント(人工歯根)を使い回す不正治療をしていたとされる歯科医(39)が20日午前7時すぎ、同県田原市の自宅の風呂場で首から血を流して倒れているのを妻(36)が発見、119番した。

     県警田原署によると、歯科医はメスで首を切り、自殺を図ったとみられる。搬送の際に意識はもうろうとしており、病院で手当てを受けている。命に別条はないという。

     同医院をめぐっては、豊橋市歯科医師会が19日、義歯を付けるためのインプラントを使い回すなど不正治療があったとして、厚生労働省で記者会見。豊橋市によると、治療を受けた市民から「インプラントの調子が悪い」などと苦情が寄せられていた。

     愛知県と豊橋市は20日午後に職員を派遣し、医療法に基づく医院への立ち入り調査をする予定だったが延期した。

      【共同通信】