47NEWS >  共同ニュース  > 記事詳細
  •  ニュース詳細     
  • 首相「株屋は信用されない」 有識者会合で発言、批判相次ぐ

     麻生太郎首相は21日、首相官邸で開かれた経済危機克服のための有識者会合で「『株屋』っていうのは信用されないんだよ」「預金と違って、株をやってるというと田舎では怪しい」などと発言した。「株屋」には証券会社やその従業員を見下す意味合いがあり、証券界から批判が相次いだ。株価低迷が続く中、週明けの市場に悪影響が及ぶ恐れも出てきた。

     国内株式市場の活性化策を協議した際、首相は東京証券取引所の閉鎖性について参加者に質問。その質疑応答の中で、問題の発言が出た。個人投資家の育成がなかなか進まない現状を指摘する意図もあったもようだ。

     会合に出席していた日本証券業協会の安東俊夫会長は記者団に「好ましいことではない」と言明。松井証券の松井道夫社長は「世間一般の人たちが持つ株に対する意識を、ああいう形で表現されたと思う。言葉のあやではないか」と述べた。

     市場関係者からは「政府が『貯蓄から投資へ』というスローガンを掲げている中で、それを覆す発言だ。『株屋が怪しい』というのであれば株式市場の否定につながりかねない」(大手証券幹部)、「株式市場が厳しく日本経済も厳しい現状で、株式市場について軽口をたたくのは、実体経済を軽視しているといえる」(同)と首相発言を厳しく批判する声が上がっている。

      【共同通信】