47NEWS >  共同ニュース  > 記事詳細
  •  ニュース詳細     
  • 堀北真希がハエ役に初挑戦 3Dアニメ映画で吹き替え

     女優堀北真希がベルギーの長編3Dアニメ映画「ナットのスペースアドベンチャー3D」(3月28日全国公開)で、主人公のハエ、ナット君の日本語吹き替えを担当、東京都内のスタジオでアフレコに臨んだ。

     「ハエ(役)は初めてです」と笑う堀北。映画は1969年、月に向かうアポロ11号に実は、ナットたち3匹のハエが潜り込んでいた、という冒険物語だ。

     堀北は“ハエから目線”で描かれる世界を楽しんだそうだが、もしも自身がハエだったら?

     「危険がいっぱいあるなって思いましたね。結構、ハエ、大変だなって」

     声の出演では少年役が多く「女の子もやってみたいです。セクシーな? そうですね、はい。頑張りますよ、勉強します」と色っぽいキャラへの挑戦にも意欲を見せた。

      【共同通信】