47NEWS >  共同ニュース  > 記事詳細
  •  ニュース詳細     
  • 大幸薬品の敗訴確定 「正露丸」混同せず

     「ラッパのマーク」のCMで知られる胃腸薬「正露丸」を製造、販売する大幸薬品(大阪府)が、似た包装で同じ名称の薬を販売するのは不正競争防止法違反に当たるとして、和泉薬品工業(同)に販売差し止めと損害賠償などを求めた訴訟の上告審で、最高裁第2小法廷(津野修裁判長)は4日、大幸薬品の上告を受理しない決定をした。

     「両社の商品を混同する恐れはなく、正露丸は一般名称」とした1、2審判決が確定した。

     1審大阪地裁判決は、10社以上が正露丸の名称を使った医薬品を販売し、包装箱の文字やオレンジ色の配色は以前から似ていると指摘。「ラッパの図柄に対し、和泉薬品製はひょうたんの図柄で類似しないことは明らか」として請求を棄却した。2審大阪高裁も、1審判決を支持した。

     1、2審判決によると、正露丸は日露戦争の際に陸軍が開発、命名した「征露丸」が起源。大幸薬品は商標登録したが、他社が取り消しを求めた訴訟で最高裁は1974年「普通名称にすぎない」と判断した。

      【共同通信】