47NEWS >  共同ニュース  > 記事詳細
  •  ニュース詳細     
  • 土本典昭氏死去 映画監督

     土本 典昭氏(つちもと・のりあき=映画監督)24日午前2時47分、肺がんのため千葉県南房総市の病院で死去、79歳。岐阜県出身。葬儀は近親者で行い、後日、お別れの会を開く。喪主は妻基子(もとこ)さん。

     岩波映画製作所勤務を経てフリーとなり、記録映画作家として活躍。65年に胎児性水俣病を取材したテレビドキュメンタリー番組「水俣の子は生きている」を発表。その後、水俣病をテーマにしたドキュメンタリーや記録映画などの製作をライフワークとし、海外でも高く評価された。

     代表作に映画「水俣-患者さんとその世界」「不知火海」など。著書に「映画は生きものの仕事である」など。

      【共同通信】