ニュース詳細

 入賞写真決まる 「一宮七夕まつり」と「濃尾大花火」
入賞写真決まる 「一宮七夕まつり」と「濃尾大花火」  

 「第五十二回おりもの感謝祭一宮七夕まつり写真コンテスト」と「濃尾大花火写真コンクール」(ともに中日新聞社、中日写真協会一宮支部、同市役所支部など主催)の作品審査会が一宮市役所で開かれ、入賞作品が決まった。  「おりもの感謝祭一宮七夕まつり写真コンテスト」には六百六十一点の応募があり、中日写真協会のメンバーらが審査した。ミス七夕らをモデルにした特別撮影会の部の最高賞である推薦(一宮市長賞)には、一宮市の大野博義さんの作品「ミス七夕と吹き流し」が、飾り付け・イベント等の部の推薦(中日新聞社賞)には、津島市の伊藤行男さんの作品「仮装踊り」がそれぞれ選ばれた。表彰式は二十九日午前十一時から一宮市真清田の一宮スポーツ文化センターである。入賞作品は二十五日から十月五日まで名鉄百貨店一宮店、十月九日から十九日までユニー一宮店、十月二十三日から二十九日まで名鉄百貨店本店(名古屋市中村区)、十一月一日から十六日まで尾西庁舎、十一月十九日から三十日まで一宮庁舎でそれぞれ展示される。  「濃尾大花火写真コンクール」には百三十五点の応募があり、中日写真協会本部委員らが審査。最高賞の推薦(一宮市長賞)には稲沢市の今井二郎さんの作品「スターマイン」、特選(中日新聞社賞)には一宮市の小川正勝さんの作品「濃尾一の大花火」が選ばれた。表彰式は二十九日午前九時半から、一宮市真清田の一宮スポーツ文化センターで。入賞作品は十月中に二週間、一宮市小信中島の尾西信金中島支店で、十月二十七、二十八日は、びさいまつり会場の市民会館ロビーで展示。十一月一日から十六日までは尾西庁舎、十一月十九日から三十日までは一宮庁舎で展示される。 (柚木まり)  ほかの入賞者は、次の皆さん。  ◇一宮七夕まつり写真コンテスト  【特別撮影会の部】特選 蜂須賀比早郎(美和町)▽準特選 小川照秋(一宮市)吉村尚(大府市)青木正雄(名古屋市)▽入選 足立裕(一宮市)鈴木教文(三重県桑名市)稲葉文生(一宮市)渡辺智之(稲沢市)松本政行(一宮市)牧野圭壮(蟹江町)稲垣まり子(吉良町)山路勝之(岐阜県土岐市)津田久江(同羽島市)内田貴之(同大垣市)小笠原達夫(春日井市)斉藤竹重(清須市)松尾忠尚(名古屋市)井土与次郎(豊田市)後藤宏(尾張旭市)田中清(岐阜市)倉地由行(岡崎市)後藤昌弘(一宮市)稲垣新二(吉良町)石井正幸
 【中日新聞】


ロード中 関連記事を取得中...
 


47NEWS参加社一覧

北海道新聞 |  室蘭民報 |  河北新報 |  東奥日報 |  デーリー東北 |  秋田魁新報 |  山形新聞 |  岩手日報 |  福島民報 |  福島民友新聞 |  産業経済新聞
日本経済新聞 |  ジャパンタイムズ |  下野新聞 |  茨城新聞 |  上毛新聞 |  千葉日報 |  神奈川新聞 |  埼玉新聞 |  山梨日日新聞 |  信濃毎日新聞
新潟日報 | 中日新聞 |  名古屋タイムズ |  中部経済新聞 |  伊勢新聞 |  静岡新聞 |  岐阜新聞 |  北日本新聞 |  北國新聞 |  福井新聞 |  京都新聞
神戸新聞 |  奈良新聞 | 紀伊民報 |  山陽新聞 |  中国新聞 |  日本海新聞 |  山陰中央新報 |  四国新聞 |  愛媛新聞 |  徳島新聞 |  高知新聞 |  西日本新聞
大分合同新聞 | 宮崎日日新聞 |  長崎新聞 |  佐賀新聞 |  熊本日日新聞 |  南日本新聞 |  沖縄タイムス |  琉球新報 |  共同通信

47NEWSに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
Copyright (C) 2006-2007 Press Net Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.
サイトポリシー 運営会社 |  著作権 |  リンク |  広告掲載 |  ヘルプ |  お問い合わせ・情報提供 |  サイトマップ