イブの灯 ペットボトル7千本 新潟中央区万代シテイ

イブの灯 ペットボトル7千本 新潟中央区万代シテイ

 ペットボトルを使ったイルミネーションが、新潟市中央区の万代シテイで開かれている。クリスマスイブの24日夜には、ひときわ多くの家族連れやカップルを魅了した=写真=。  万代シテイ商店街振興組合が2月14日まで、午後5~10時に実施。ペットボトル7千本で作った高さ約8メートルのツリーや、万代シテイPRキャラ「ばんにゃい」のオブジェなどが並んだ。青や白などの電…[記事全文]

2016年12月24日 【新潟日報】

新潟中央区・けやき通りで恒例の「NIIGATA光のページェント」。ケヤキ並木が光のトンネルに

新潟中央区・けやき通りで恒例の「NIIGATA光のページェント」。ケヤキ並木が光のトンネルに

 新潟市中央区駅南地区のけやき通りを光のトンネルで彩る師走恒例の「NIIGATA光のページェント」が12月9日夜、始まった。JR新潟駅南口の特設会場で点灯式が行われ、200本ほどのケヤキに付けられた約26万個の発光ダイオード(LED)電球が一斉にともった。…[記事全文]

2016年12月13日 【新潟日報】

上越市牧区に高さ18メートルのきらめくジャンボツリー! 絵馬を結べる「縁結びボード」も

上越市牧区に高さ18メートルのきらめくジャンボツリー! 絵馬を結べる「縁結びボード」も

 上越市牧区柳島の牧商工会館前に高さ約18メートルのジャンボツリーがそびえ立っている=写真=。色とりどりの電飾が夜空に輝き道行く人の目を楽しませている。  交流人口を増やそうと牧商工会が1995年から毎年実施。メタセコイアの木とその周辺に計約1万5千個の発光ダイオード(LED)を飾り付けた。…[記事全文]

2016年12月12日 【新潟日報】

見附市役所前の市道で、街路樹イルミネーション。総延長は新潟県内最長の2・7キロ、青と白できらびやかに

見附市役所前の市道で、街路樹イルミネーション。総延長は新潟県内最長の2・7キロ、青と白できらびやかに

 見附市の市役所前の市道などで街路樹イルミネーションの点灯が始まり、冬の夜をきらびやかに彩っている=写真=。  見附市によると、総延長は県内最長の2.7キロ。市民ボランティア約120人が2日かけて、約7万個の発光ダイオード(LED)を取り付けた。  市役所駐車場で11月27日に点灯式が行われ、約400人が声をそろえ、カウントダウンした。鮮やかな青や白の光…[記事全文]

2016年12月09日 【新潟日報】

長岡中心部がイルミネーションでにぎやかに。アオーレ長岡には「ひかりの大樹」登場、映像と光の演出

長岡中心部がイルミネーションでにぎやかに。アオーレ長岡には「ひかりの大樹」登場、映像と光の演出

 大手通りなど長岡市中心部が華やかなイルミネーションで彩られている。アオーレ長岡には、約7万個の発光ダイオード(LED)で彩られた「ひかりの大樹」が設置され、青色の光が訪れた人を幻想的な世界へといざなっている。  NPO法人ながおか未来創造ネットワークが毎年企画している。  アオーレの大樹は、地域や人のつながりが深く根づき、広がるようにとの願いを込めた。…[記事全文]

2016年12月08日 【新潟日報】

上越市名立区の住宅街、イルミネーションで華やかに。住民たちが思い思いに飾り付け、県道からも見える!

上越市名立区の住宅街、イルミネーションで華やかに。住民たちが思い思いに飾り付け、県道からも見える!

 上越市名立区赤野俣町内の住宅や施設が12月25日(日)までイルミネーションで彩られている。黄色や青の発光ダイオード(LED)がきらきら輝き、普段は閑静な住宅街を盛り上げている=写真=。  地域の一体感を高めようと赤野俣町内会が企画して2年目。訪れた人から「県道から目立つようにしてほしい」との声を受け、約700個のLEDが付いたコードを5組、新たに購入した…[記事全文]

2016年12月06日 【新潟日報】



illumi_foot.jpg