高知県大月町の光の“海”に歓声

高知県大月町の光の“海”に歓声

 高知県幡多郡大月町弘見の道の駅「ふれあいパーク・大月」で、約15万球の発光ダイオード(LED)電飾が輝く「コーラルイルミネーション in Otsuki」が12月23日夜から始まり、まばゆい光の“海”に歓声が上がった。1月9日まで。  イベントを兼ねた点灯式では、来場者らが声を上げカウントダウン。青を基調に、サンゴの海を表現した光が暗闇をぱっと照らすと「す…[記事全文]

2016年12月25日 【高知新聞】

高知県中土佐町の休校校舎で電飾1万個のイルミネーション

高知県中土佐町の休校校舎で電飾1万個のイルミネーション

 2014年3月に休校した高知県高岡郡中土佐町上ノ加江の笹場小学校で毎夜、約1万個のイルミネーションが輝いている。休校が決まった2013年の冬から毎年、住民たちが「学校の明かりをともし続けたい」と続けており、2016年冬は2017年1月3日まで、午後5~10時ごろに点灯する。  笹場小は県道中土佐佐賀線沿いに位置。住民らの寄付により、電飾の数は年々増えてい…[記事全文]

2016年12月19日 【高知新聞】

高知県四万十町で奥四万十博のイルミネーション12/25まで

高知県四万十町で奥四万十博のイルミネーション12/25まで

 観光キャンペーン「奥四万十博」の最終週を飾るイベントが高知県高岡郡四万十町で12月16日夜、イルミネーション点灯を皮切りに始まった。地元産の杉を使った大小約100基の照明や街路樹の電飾が最終日の12月25日まで午後5~9時にともり、窪川地域の中心部を彩る。同じく25日まで開催の「しまんとバル」、23日の閉幕イベントと合わせて、博の締めくくりを盛り上げる。 …[記事全文]

2016年12月17日 【高知新聞】



illumi_foot.jpg