47NEWS >  47トピックス >  てくてくイルミネーション特集

てくてくイルミネーション特集

 日本の冬の風物詩となったイルミネーション。全国の光の祭典を厳選してご紹介します。お出かけやデートに47NEWSの最新情報をご利用ください。

八重の棚田にきらめくイルミネーション 郡山

八重の棚田にきらめくイルミネーション 郡山

  鹿児島市郡山町の八重の棚田を、イルミネーション「八重のきらめき」が照らしている。青や黄、緑色など約4万個の発光ダイオード(LED)ソーラーライトが、静かな農村地を彩る。来年1月31日まで。  郡山校区コミュニティ協議会、市商工会郡山支部など13団体が各区画で段差を生かした初めての取り組みで、桜島や星などをデザインした。個人約130人が寄付した「ひとくちオーナー」の明かりが石垣に映える。 …[記事全文]

2016年12月26日 【南日本新聞】

駅舎包む幻想の光 上毛電鉄大胡駅でイルミネーション

駅舎包む幻想の光 上毛電鉄大胡駅でイルミネーション

  冬の夜空を彩る恒例の「上毛電鉄大胡駅イルミネーション」が前橋市茂木町の同駅で始まり=写真、乗降客や地域住民を楽しませている。  ホームで見学するには入場料(170円)が必要。来年3月上旬まで、日没から午後11時11分まで点灯される。 …[記事全文]

2016年12月26日 【上毛新聞】

「太鼓台イルミ」が登場! 二本松・亀谷坂露伴亭で披露式

「太鼓台イルミ」が登場! 二本松・亀谷坂露伴亭で披露式

  二本松市の亀谷坂露伴亭で24日、「二本松の提灯(ちょうちん)祭り」の太鼓台をモチーフにした160個のペットボタルを使ったイルミネーションが暗闇に浮かび上がった。NPO法人亀谷まちづくり処露伴塾の主催。  ペットボタルは昼間の太陽光エネルギーで充電、暗くなると自動で発光する仕組み。高さ約6メートル、幅1.5メートル、奥行き1.8メートルの太鼓台は30分ごとに赤、黄と放つ色が切り替わる。  披露式には渡辺豊理事長、新野洋市長らが臨んだ。来場者は「太鼓台の灯」を見詰め、振る舞われたおでんを食べな…[記事全文]

2016年12月26日 【福島民友新聞】

早朝ゲレンデ、満点ムード ダイナランドでイルミ

早朝ゲレンデ、満点ムード ダイナランドでイルミ

  岐阜県郡上市高鷲町西洞のスキー場「ダイナランド」の発光ダイオード(LED)電球約40万個を使ったゲレンデイルミネーションがナイター営業が幕を開ける29日から始まる。先駆けて土、日、祝日限定の早朝点灯が行われており、24日もクリスマスムードを盛り上げた。  同イルミネーションはナイター営業を行う特色を生かそうと昨年から始まった。今年から早朝点灯も始めた。センターハウスに近い第1ゲレンデの約650メートル間で実施し、青色と白色の電球がゲレンデ両側に並ぶ木々に飾り付けられ、幻想的な空間を演出してい…[記事全文]

2016年12月25日 【岐阜新聞】

五城目にメルヘンの光、地域明るく 黒戸地区の県道沿い

五城目にメルヘンの光、地域明るく 黒戸地区の県道沿い

  秋田県五城目町内川黒土の県道沿いに鮮やかなイルミネーションが設置され、住民やドライバーの目を楽しませている。31日夜からは、正月に合わせて「新年おめでとう」の文字が浮かび上がる電飾も点灯する予定だ。  イルミネーションは、黒土町内会(石井勝義会長)のほか地元住民が個々に設置。県道沿い約400メートルに6カ所点在している。日没とともに色とりどりの発光ダイオード(LED)電球がともり、一帯はメルヘンチックな雰囲気に包まれている。  点灯時間は午前5時半~7時と午後4時半~9時の2回。来年1月末…[記事全文]

2016年12月25日 【秋田魁新報】

新上五島町に光のトンネル

新上五島町に光のトンネル

  新上五島町若松郷の若松みなと公園で23日夜、「WAKAMATSUきらきらプロジェクト」が始まった。高さ約7メートルのクリスマスツリーや、光のトンネルがお目見え。イルミネーションが来場した家族連れらを魅了した。来年1月7日まで。  集客力の少ない冬場ににぎわいを創出しようと、5回目の開催。計約1万9000個の電球を使い、ツリーなどを製作。来場者は長さ約15メートルの光のトンネルの中で記念撮影をしたり、お菓子のプレゼントを受け取ったりして楽しい時間を過ごした。家族と訪れた同郷の歯科医、津田雅史さ…[記事全文]

2016年12月25日 【長崎新聞】




illumi_foot.jpg