47NEWS >  47トピックス >  てくてくイルミネーション特集

てくてくイルミネーション特集

 日本の冬の風物詩となったイルミネーション。全国の光の祭典を厳選してご紹介します。お出かけやデートに47NEWSの最新情報をご利用ください。

冬に満開の桜? ピンクLEDで華やかに

冬に満開の桜? ピンクLEDで華やかに

  光輝く桜が真冬に満開!? 愛媛県新居浜市大生院の国道11号沿いの渦井川河川敷で18日夜、花びらに見立てた約2万球のピンク色の発光ダイオード(LED)を桜の木に飾るイルミネーションが始まった。  大生院地区の若手有志約30人でつくる「うずいイルミ実行委員会」が昨年から始めた取り組み。メンバーや地元商工会から資金を集め、手分けして桜5本の枝先などに満遍なくLEDをまとわせた。…[記事全文]

2016年12月19日 【愛媛新聞】

今年も「都電クリスマス号」 レトロ車両使って25日まで運行

今年も「都電クリスマス号」 レトロ車両使って25日まで運行

  クリスマスムードを盛り上げようと、都交通局は車内外に装飾を施した「都電クリスマス号」を荒川線で運行している。二十五日までのほぼ毎日、師走の街を走り抜ける。  クリスマス号は、上半分がクリーム色、下半分がえんじ色のレトロ車両「9001号」を使用。前面にクリスマスリースと雪などをあしらった特製ヘッドマーク、窓にはサンタクロースなどのシールを貼り、車内も電飾やモールなどで彩っている。  二〇〇七年に始まり、装飾は年々グレードアップ。診療へ通うのに都電を利用しているという北区の佐藤ゆうこさん(82…[記事全文]

2016年12月19日 【東京新聞】

高知県中土佐町の休校校舎で電飾1万個のイルミネーション

高知県中土佐町の休校校舎で電飾1万個のイルミネーション

  2014年3月に休校した高知県高岡郡中土佐町上ノ加江の笹場小学校で毎夜、約1万個のイルミネーションが輝いている。休校が決まった2013年の冬から毎年、住民たちが「学校の明かりをともし続けたい」と続けており、2016年冬は2017年1月3日まで、午後5~10時ごろに点灯する。  笹場小は県道中土佐佐賀線沿いに位置。住民らの寄付により、電飾の数は年々増えているという。2016年は樹木や校舎の外壁に飾り付けたほか、アーチや高さ7メートルのポールを使った装飾も準備した。  このほど行われた点灯式に…[記事全文]

2016年12月19日 【高知新聞】

Ⅹマスムード 工事現場でも

Ⅹマスムード 工事現場でも

  ◇…秋田市役所旧庁舎の解体工事現場に、サンタクロースがトナカイのそりに乗って夜な夜な現れる。良い子に贈り物を届けに来たのだろうか。  ◇…正体は、工事を請け負う共同企業体が設けたイルミネーション。殺風景な現場のイメージアップにつなげようと、来年1月中旬まで、午後4~11時に点灯する。  ◇…跡地に駐車場と広場が完成すると、駐車台数は今の2倍弱に増える。来年はそりを止めやすくなり、トナカイの休憩場所を探すサンタの苦労も減るはずだ。(秋田)…[記事全文]

2016年12月19日 【河北新報】

光のツリー、水面にも 東根・児童センター

光のツリー、水面にも 東根・児童センター

  東根市の長瀞児童センター(奥山洋子所長)でイルミネーションの点灯が始まり、クリスマスツリーをイメージした多彩な光が地域を華やかに彩っている。  園庭東側の二の堀沿いに高さ10メートルほどのポールを設置し、発光ダイオード(LED)を飾り付けた。赤や青、白などの光が堀の水面(みなも)にも映し出され、幻想的な雰囲気を演出している。  点灯式は16日夕に行われ、電飾が一斉に輝くと園児や保護者から歓声が上がっていた。年長の浅野目裕斗君(5)は「きれいなので毎年楽しみにしている」と笑顔を見せた。  …[記事全文]

2016年12月19日 【山形新聞】

山口彩る、ご当地ツリー 一の坂川ホタルの光を再現

山口彩る、ご当地ツリー 一の坂川ホタルの光を再現

 山口市のホタルの名所、一の坂川でゲンジボタルの保護活動に取り組む「大殿ホタルを守る会」が、ゲンジボタルの点滅を表現したイルミネーションを飾り付けたミニクリスマスツリーを作った。同市下竪小路の山口ふるさと伝承総合センターと大殿地域交流センターに設置し、近くの大殿小学校にも追加する。 同会は同センター・まなび館の土蔵をホタルの保護と川に放流する幼虫の飼育場に利用している。一の坂川がゲンジボタル発生地として国の天然記念物に指定されて80周年を迎えた記念事業の一つとして、ホタルのイルミネーションツリー…[記事全文]

2016年12月19日 【山口新聞】




illumi_foot.jpg