47NEWS >  47トピックス > 伝える訴える
【伝える訴える 番外編】「表現の現在①」 ノーベル文学賞作家 スベトラーナ・アレクシエービッチさん

伝える訴える

 当たり前と思っていた自由が、突然変調を来す。決して人ごとではない。事実を伝え、思いを訴える。表現は今、どれほど自由なのか。あるいは抑圧、封殺、監視されているのか。世界の国々をめぐりながら考える。

【伝える訴える 番外編】「表現の現在①」 ノーベル文学賞作家 スベトラーナ・アレクシエービッチさん

【伝える訴える 番外編】「表現の現在①」 ノーベル文学賞作家 スベトラーナ・アレクシエービッチさん

 「ポスト真実」の時代だという。客観的な事実が重視されず、感情や信念へのアピールが世論形成に力を持つ時代。われわれは何を、どう見据えればいいのか。昨年の国際通年企画「伝える 訴える ... [続きを読む]

BackNum

【伝える 訴える】第50回(最終回) (フランス)「味覚が呼び覚ます」

【伝える 訴える】第50回(最終回) (フランス)「味覚が呼び覚ます」

  ブドウ畑に霧が立った。世界最高峰のワインを生み出すフランス中部ブルゴーニュ地 ... [続きを読む]

【伝える 訴える】第49回(ロシア) 「記憶の博物館」

【伝える 訴える】第49回(ロシア) 「記憶の博物館」

 暗闇に浮かぶガラスケースの一つ一つに、生の証しがあった。「心配しないで」。家で ... [続きを読む]

【伝える 訴える】第48回(米国) 「新聞が消えた町で」

【伝える 訴える】第48回(米国) 「新聞が消えた町で」

 米西海岸カリフォルニア州ベルは、ロサンゼルス中心部から南東約15キロにある人口 ... [続きを読む]

【伝える 訴える】第47回(ドイツ) 「『わが闘争』復刊」

【伝える 訴える】第47回(ドイツ) 「『わが闘争』復刊」

 黒ずんだ壁が重い歴史を物語る。ドイツ南部ミュンヘン近郊のランツベルク刑務所。ア ... [続きを読む]

【伝える 訴える】第46回(米国) 「米大統領選とメディア」

【伝える 訴える】第46回(米国) 「米大統領選とメディア」

  「ヒラリー・クリントンが放った敵は誰か。主要メディアだ。結託して私をつぶそう ... [続きを読む]

【伝える 訴える】第45回(ロシア) 「悲劇の言語」

【伝える 訴える】第45回(ロシア) 「悲劇の言語」

 駅、郵便局、道路名の表示に見慣れない文字が並んでいる。1993年、ロシア極東の ... [続きを読む]

もっと読む