47NEWS >  47トピックス >  てくてく桜 >  てくてく桜 山形

ピンク満開、春の雰囲気 啓翁桜50本超の“並木道”・高畠

ピンク満開、春の雰囲気 啓翁桜50本超の“並木道”・高畠

  高畠町の高畠ワイナリーで、啓翁桜を館内に飾る「冬の桜回廊」が開かれており、鮮やかなピンク色の花が一足早い春の雰囲気を伝えている。  高畠ワイン(村上健社長)が毎年実施しており、10回目。同町時沢の佐藤庄一さんが育てた50本以上の桜を、通路やフードコーナー、エントランスなどに展示。通路には高さ約3メートルになる特大サイズをそろえ、並木道を演出している。 …[記事全文]

2017年02月06日【山形新聞】

沖縄から「日本一早い桜」 東根・山形空港

沖縄から「日本一早い桜」 東根・山形空港

  東根市の山形空港に、「日本一早い桜の花」として沖縄県北部の本部(もとぶ)町から届いた「琉球寒緋桜(りゅうきゅうかんひざくら)」が飾られ、花瓶の中で咲き誇る濃いピンク色の花に、訪れる利用者が一足早い春を感じている。  チェックインカウンターに展示された切り花は高さ約70センチ。外は雪の積もる銀世界だけに、満開の桜に目を奪われる空港利用者の姿も。色鮮やかな花…[記事全文]

2017年01月26日【山形新聞】

春色の最上川へ 舟下りシーズン幕開け

春色の最上川へ 舟下りシーズン幕開け

  最上川舟下りの安全祈願祭が21日、山形県戸沢村の乗船場「戸沢藩船番所」であった。通年運航しているが、本格的な行楽シーズンを迎える毎年4月に祈願祭を開いている。  神事には観光関係者ら約100人が出席し、1年間の無事故を祈った。出羽三山神社(鶴岡市)の山伏が航行の安全を祈ってほら貝を吹き、地元の戸沢小の児童らが12キロに及ぶ約1時間の舟下りに出航した。  川…[記事全文]

2016年04月22日【河北新報】

出羽の名刹桜が出迎え「三寺まいり」始まる

出羽の名刹桜が出迎え「三寺まいり」始まる

  やまがた広域観光協議会は、山形県村山地域の古寺を巡る「出羽名刹(めいさつ)三寺まいり」を従来より2カ月早め、今月から実施している。県内では6日にソメイヨシノが開花。御朱印集めに加えて、今年は各寺や参道の桜見物も楽しめそうだ。  三寺は悪縁切りで知られる立石寺(山形市山寺)、縁結びで有名な若松寺(天童市)、若返り信仰のある慈恩寺(寒河江市)。いずれも桜のつぼ…[記事全文]

2016年04月16日【河北新報】

馬見ケ崎川沿いと霞城公園、桜のライトアップ始まる

馬見ケ崎川沿いと霞城公園、桜のライトアップ始まる

  山形市の桜の名所として知られる馬見ケ崎川沿いの「馬見ケ崎さくらライン」と霞城公園のライトアップが、12日夜から始まった。川沿いの桜並木では、ほぼ満開のソメイヨシノ83本が宵闇に浮かび上がり、幻想的な風景をつくり出している。 [動画付き記事 動画はコチラ]  いずれも9日から試験点灯を行っていた。馬見ケ崎さくらラインのライトアップは、愛宕橋下流からあたご保…[記事全文]

2016年04月13日【山形新聞】

山形、酒田、鶴岡で桜開花発表 山形は観測開始以来2番目の早さ

山形、酒田、鶴岡で桜開花発表 山形は観測開始以来2番目の早さ

  一気に桜の季節が到来-。6日の県内は高気圧に覆われ、好天に恵まれた。陽気に誘われるように山形、酒田、鶴岡の各市では桜(ソメイヨシノ)が開花した。山形市は1953(昭和28)年の観測開始以来、2002年の4月3日に次いで2番目に早い開花となった。 [動画付き記事 動画はコチラ]  山形市は山形地方気象台(同市緑町1丁目)の敷地で正午ごろ、職員が観測用標本木…[記事全文]

2016年04月07日【山形新聞】



新聞社桜特集リンク
桜の記憶