47NEWS >  47トピックス >  てくてく桜 >  てくてく桜 和歌山

桜ようやく満開 白浜町の平草原公園

桜ようやく満開 白浜町の平草原公園

  和歌山県白浜町の平草原公園で、ソメイヨシノがようやく満開を迎えた。田辺・西牟婁では12日、久しぶりに朝から好天となり、公園では散策したり、桜を写真に収めたりする人の姿が見られた。 …[記事全文]

2017年04月12日【紀伊民報】

待ちわびた桜咲く 熊野本宮大社の旧社地

待ちわびた桜咲く 熊野本宮大社の旧社地

  和歌山県田辺市本宮町本宮、桜の名所として知られる熊野本宮大社の旧社地大斎原(おおゆのはら)で5日、境内のソメイヨシノが八分咲きとなった。熊野本宮観光協会によると例年より1週間ほど遅く、待ちわびた参拝者らを楽しませている。 …[記事全文]

2017年04月07日【紀伊民報】

桜まつりにぎわう 古座川町

桜まつりにぎわう 古座川町

  和歌山県古座川町佐田の桜の広場で2日、恒例の「桜まつり」(実行委員会主催)があった。周辺のサクラは咲き始めだったが、コンサートや餅まき、出店などがあり、にぎわった。  七川ダム湖畔のサクラは、1955年のダム完成に伴い、地元住民が約3千本のソメイヨシノを植樹したのが始まり。90年には「日本さくら名所100選」に選ばれ、毎年開花時期には多くの花見客が訪れる…[記事全文]

2017年04月03日【紀伊民報】

熊野古道に桜咲く 名所のウオークも

熊野古道に桜咲く 名所のウオークも

  和歌山県田辺市本宮町で桜が咲き始め、熊野古道を歩く人らを楽しませている。熊野本宮語り部の会では今年、桜の名所として知られる七越峯などを歩く「さくらウオーク」を初企画。4月10日まで毎日開催する。 …[記事全文]

2017年03月30日【紀伊民報】

熊野古道の山里でマラソン大会

熊野古道の山里でマラソン大会

  「春分の日」恒例の「熊野古道近野山間マラソン大会」が20日、和歌山県田辺市中辺路町近露と野中を舞台に開かれた。好天に恵まれ、382人が参加。カワヅザクラの花が彩る発着点の近野小学校(近露)を勢いよくスタートし、熊野古道が通る山里を力走した。…[記事全文]

2017年03月20日【紀伊民報】

古道彩る秀衡桜 田辺市中辺路町野中

古道彩る秀衡桜 田辺市中辺路町野中

  和歌山県田辺市中辺路町野中、継桜王子社の近くの熊野古道沿いにある「秀衡桜(ひでひらざくら)」が満開となり、古道を歩く人たちを楽しませている。  平安末期の奥州の武将、藤原秀衡が妻と熊野詣でをした際、生まれた子の無事を祈り、サクラを挿し木したものが始まりだと伝えられている。4代目の木が2011年11月に幹内部の腐食で折れたが、その根元付近から伸びて成長した…[記事全文]

2016年04月09日【紀伊民報】



新聞社桜特集リンク
桜の記憶