47NEWS >  47トピックス >  てくてく桜 >  てくてく桜 富山

1000本植樹 桜の名所に 県方針 富岩運河沿い全長7キロ

1000本植樹 桜の名所に 県方針 富岩運河沿い全長7キロ

  石井隆一知事は二十七日の定例会見で、富山市の富岩運河環水公園から岩瀬カナル会館までの全長七キロの運河沿いに桜約千本を植樹し、桜の名所として整備する方針を示した。石井知事は「世界に冠たる桜並木になる」と自信を見せた。  現在公園や公園から北に延びる富岩運河沿いには、ソメイヨシノを中心に六百二十五本の桜が植わっている。県は遊歩道の整備を進めながら、同運河沿い…[記事全文]

2017年04月28日【中日新聞】

園内の桜一望 高岡市立博物館 屋上開放

園内の桜一望 高岡市立博物館 屋上開放

  高岡市立博物館の屋上開放行事「古城公園展望台」が13日始まり、来館者が見ごろを迎えた高岡古城公園内の桜を満喫した。  日本さくら名所100選に指定されている高岡古城公園は、ソメイヨシノやコシノヒガンザクラなど18種類約1800本が植えられている。高さ12・5メートルの屋上からは、桜とともに二上山や立山連峰を眺めることができる。…[記事全文]

2017年04月14日【北國新聞】

満開の桜 夜空に浮かぶ 県中央植物園、ライトアップ

満開の桜 夜空に浮かぶ 県中央植物園、ライトアップ

  県内有数の桜の名所である富山市婦中町の県中央植物園で十三日、さまざまな催しで桜に親しむ「さくらまつり」が始まった。夜は満開となったソメイヨシノがライトアップされ、幻想的な雰囲気を楽しめる。十六日までで、期間中は午後九時半まで営業する。  九十本のソメイヨシノが散策路沿いに三百メートルにわたって咲く。ライトアップは日没前から始まり、日が暮れるにつれて輝きを…[記事全文]

2017年04月14日【中日新聞】

満開の川沿い 白象と練る 福岡さくらまつりで園児

満開の川沿い 白象と練る 福岡さくらまつりで園児

  福岡さくらまつり(富山新聞社後援)が開かれている高岡市福岡町地域中心部で12日、「白象おねり」が行われた。福岡幼児学園の年長児29人が岸渡川(がんどがわ)沿いの満開の桜の下を練り歩き、釈迦(しゃか)の誕生を祝った。  福岡町仏教会が企画した。園児は同市福岡町福岡の長安寺を出発し、白象の台車を引きながら約1キロを歩いた。山岸智史珉照寺住職が講話し、園…[記事全文]

2017年04月13日【北國新聞】

千本桜 春の夜の夢 16日までライトアップ

千本桜 春の夜の夢 16日までライトアップ

  南砺市福光地域中心部を流れる小矢部川沿いで、市民から「千本桜」と親しまれている桜並木がライトアップされ、一帯が幻想的な雰囲気に包まれている。十六日まで。  ライトアップは市観光協会が毎年実施。川の両岸に約八百本のソメイヨシノが並び、「富山さくらの名所七十選」の一つにも選ばれている。周囲にちょうちんもつるされ、市民らが清流のせせらぎを聞きながら満開の夜桜を…[記事全文]

2017年04月11日【中日新聞】

桜の下120人がハーモニカ合奏 富山

桜の下120人がハーモニカ合奏 富山

  第8回ハーモニカ花見演奏会は10日、富山市本丸の松川べりで行われた。県内各地から愛好家グループ23団体、総勢120人が参加し、満開の桜の下で合奏を披露した。  安藤俊一県ハーモニカ指導者協会長らでつくる実行委員会が主催。「さくらさくら」「荒城の月」「上を向いて歩こう」「青い山脈」など16曲を演奏した。好天に誘われ、松川べりには大勢の花見客が訪れており、曲…[記事全文]

2017年04月10日【北日本新聞】



新聞社桜特集リンク
桜の記憶