47NEWS >  47トピックス >  てくてく桜 >  てくてく桜 鳥取

一足早く 春の便り 倉吉・源徳院

一足早く 春の便り 倉吉・源徳院

  鳥取県倉吉市谷の源徳院(秋久重規住職)にある早咲きの桜「カラミザクラ」(唐実桜)が今年も花開き、辺りは春の雰囲気に包まれている。  カラミザクラは中国原産の落葉低木で、江戸時代末に渡来したといわれている。大雪や寒さの影響で、例年より1週間程度遅い14日ごろから開花し始めた。見頃は週明けで、花は来週いっぱい楽しめる。秋久住職は「一足早い桜を見ていただき、皆…[記事全文]

2017年03月17日【日本海新聞】

桜ひらひら風情楽しむ 智頭のフェス、2千人

桜ひらひら風情楽しむ 智頭のフェス、2千人

  イベントやグルメを楽しむ花見イベント「智頭河畔桜Cafeフェスティバル」(同実行委員会主催)が9日、鳥取県智頭町智頭の千代川河川敷で開かれ、県内外から約2千人の花見客でにぎわった。10日まで。  会場は堤防沿いに約1・3キロにわたって180本の桜が咲く桜の名所。約50年前に植栽された桜並木を守り、花見を楽しんでもらおうと、今年で3回目。  地鶏の焼き鳥…[記事全文]

2016年04月10日【日本海新聞】

鳥取で桜が満開 観測開始以降5番目の早さ

鳥取で桜が満開 観測開始以降5番目の早さ

  鳥取地方気象台は31日、鳥取で桜が満開になったと発表した。平年より7日、昨年より1日早い。1953年の観測開始以降、2004年、13年の29日などに続いて5番目に早かった。  同気象台の職員が久松公園(鳥取市)のソメイヨシノの標本木を確認し、約80%以上が咲いたと判断した。  同公園には屋台が建ち並び、多くの花見客でにぎわった。同市湖山町南2丁目の会社…[記事全文]

2016年04月01日【日本海新聞】

春そそぐ 倉吉・極楽寺、シダレザクラ

春そそぐ 倉吉・極楽寺、シダレザクラ

  鳥取県倉吉市八屋の極楽寺の境内にあるシダレザクラが開花し、垂れ下がった枝に咲いたピンク色の花が天空からのシャワーのようにも見え、大勢の見物客でにぎわっている。  同寺のシダレザクラは高さ約16メートル、樹齢約140年とされ、市の保存樹にも指定されている。週末には満開を迎え、来週いっぱい楽しめそうだという。  川崎康弘住職(59)は「満開のころには、たく…[記事全文]

2016年03月31日【日本海新聞】

福島の復興願い取り寄せ 三春滝桜が初開花

福島の復興願い取り寄せ 三春滝桜が初開花

  鳥取県境港市大正町の水木しげるロード近くにある駅前公園で28日、市観光協会(桝田知身会長)が境港の新たな観光名所とし、東日本大震災からの復興支援につなげようと、福島県三春町から取り寄せた滝桜(ベニシダレザクラ)が初めて開花した。震災から今年で5年。同協会は「福島を忘れないようにとの思いもあり、咲いてくれてうれしい」と話している。  この桜は2014年1月…[記事全文]

2016年03月29日【日本海新聞】

復興の願い届き「開花」 境港で福島から移植の桜が初

復興の願い届き「開花」 境港で福島から移植の桜が初

  東日本大震災の被災地、福島県三春町から取り寄せ、鳥取県境港市内の2公園に植樹された桜が初めて花を咲かせた。被災地の痛みを分かち合うために植えた桜で、関係者が喜んでいる。  桜は、樹齢1千年を超えるベニシダレザクラの巨木で、国の天然記念物の「三春滝桜」を親に持つ。2014年1月、境港市観光協会が三春町から苗木5本を取り寄せ、駅前公園(境港市大正町)と境台場…[記事全文]

2016年03月29日【山陰中央新報】



新聞社桜特集リンク
桜の記憶