47NEWS >  47トピックス >  てくてく桜 >  てくてく桜 東京

宇都宮で「ミヤラン」 1350人が桜やスイーツ楽しむ

宇都宮で「ミヤラン」 1350人が桜やスイーツ楽しむ

  宇都宮市郊外の宇都宮環状道路を走るランニングイベント「ミヤラン」が九日、宇都宮城址(じょうし)公園などを発着点に開かれた。フルマラソンと同じ約四十二キロを中心に距離別の四部門で計約千三百五十人が参加。雨の中での開催だったが、ランナーたちは満開の桜を楽しみながら疾走。記者も一緒に爽やかな春の風の中を走った。(藤原哲也)  天気は午後に向けて回復傾向-。その…[記事全文]

2017年04月12日【東京新聞】

秦野で桜やチューリップ見頃 15、16日に丹沢まつり

秦野で桜やチューリップ見頃 15、16日に丹沢まつり

  県内最長の桜並木(6.2キロ)などがあり、桜の名所で知られる秦野市のソメイヨシノが満開となった。県立秦野戸川公園(堀山下)のチューリップも開花。いずれも今週いっぱいは見ごろという。  名所の一つで、ソメイヨシノを中心に600本ある水無川沿いの桜並木(平沢、1キロ)では午後10時まで、カルチャーパーク前一帯をライトアップしている。ハイキングコース沿いに20…[記事全文]

2017年04月12日【東京新聞】

1万8000人が桜を満喫 大田で馬込文士村「まつり」

1万8000人が桜を満喫 大田で馬込文士村「まつり」

  桜の名所として知られる大田区南馬込の桜並木公園周辺で二日、「馬込文士村大桜まつり」(主催・馬込地区自治会連合会と商店会がつくる実行委員会)が開かれた。好天にも恵まれ、過去最多の一万八千人(主催者発表)の人出でにぎわった。  会場となった約六百メートルの通りには、約九十本のソメイヨシノが並び、阿波おどりや民謡踊りの連が繰り出した。区と交流のある岐阜県郡上市…[記事全文]

2017年04月03日【東京新聞】

一新の千鳥ケ淵でお花見を 水抜き廃棄物回収「かいぼり」実施

一新の千鳥ケ淵でお花見を 水抜き廃棄物回収「かいぼり」実施

  皇居外苑の千鳥ケ淵沿いで、恒例の「千代田のさくらまつり」(千代田区など主催)が開かれている。千鳥ケ淵は水質改善のために一時的に水を抜く「かいぼり」が行われ、水底に沈んでいた多くの廃棄物が回収された。一新されたお堀の水面には、花見客がボートで繰り出している。  かいぼりは、区営ボート場の休み(昨年十二月~二月)に合わせ、環境省皇居外苑管理事務所が実施。昨年…[記事全文]

2017年03月30日【東京新聞】

東京スカイツリー 足元の公園 開花のサクラ求めて

東京スカイツリー 足元の公園 開花のサクラ求めて

  東京スカイツリーの足元にある墨田区立おしなり公園で、早咲きのサクラ「カワヅザクラ」が咲き始めている。ピンクの花越しに青空に浮かぶスカイツリーをカメラに収めようと、多くの観光客でにぎわっている。  区によると区内ではほかに、旧中川水辺公園(東墨田、立花)、錦糸公園(錦糸)でもカワヅザクラが開花。メジロが飛んで来て、サクラの花の蜜をついばむ愛らしい光景も見受…[記事全文]

2017年02月17日【東京新聞】

冬に彩り 寒緋桜咲く 品川の荏原神社

冬に彩り 寒緋桜咲く 品川の荏原神社

  二十日は大寒。品川区の荏原神社(北品川二)境内にある二本の寒緋(かんひ)桜が濃いピンク色の花を咲かせ、訪れる人を楽しませている。  寒緋(かんひ)桜はサクラの原種の一つで、神社の御神木。メジロやヒヨドリのつがいが花の蜜を吸いに集まっている。  神社によると、年明けから開花が始まり、今が一番の見ごろ。二月上旬ごろまで楽しめるという。神社の人は「手を触れな…[記事全文]

2017年01月20日【東京新聞】



新聞社桜特集リンク
桜の記憶