47NEWS >  47トピックス >  てくてく桜 >  てくてく桜 徳島

蜂須賀桜 色鮮やか 原田家住宅一般公開

蜂須賀桜 色鮮やか 原田家住宅一般公開

  徳島市かちどき橋3の国登録有形文化財「原田家住宅」の一般公開(NPO法人「蜂須賀桜と武家屋敷の会」主催)が4日、始まった。5日まで。入場無料。  原田家住宅は最後の徳島藩主、蜂須賀茂韶が重臣の原田一平に譲り渡したとされる。来場者は歴史ある屋敷の客間や茶室を見学したり、樹齢約250年の蜂須賀桜を見ながら抹茶を味わったりした。  長女の彩葉さん(9)=鳴門…[記事全文]

2017年03月05日【徳島新聞】

お待たせ、桜開花 徳島地方気象台が平年より2日遅く宣言

お待たせ、桜開花 徳島地方気象台が平年より2日遅く宣言

  徳島地方気象台は30日、徳島市大和町2の敷地内にある標本木の桜(ソメイヨシノ)が開花したと発表した。平年より2日遅く、昨年との比較でも2日遅い。四国4県の県庁所在地では、4年連続で最も遅い開花となった。満開は4月6日ごろの見通し。  標本木は29日午後から咲き始め、30日午前9時ごろ、開花の基準となる5輪以上が咲いているのを気象台の職員が確認した。  …[記事全文]

2016年03月30日【徳島新聞】

ちょうちん300個飾り付け 「勝浦さくら祭り」25日開幕

ちょうちん300個飾り付け 「勝浦さくら祭り」25日開幕

  勝浦町恒例の「勝浦さくら祭り」(25日~4月10日)を主催する住民団体・生名ロマンの会が6日、祭り会場の同町生名の生名谷川沿いに、ちょうちんなどを取り付けた。  会員ら約50人が、川沿いの通称「ロマン街道」約1キロの区間で、桜の木の枝などにちょうちん約300個とLED照明45個を取り付けていった。会期中の午後6~10時には、ソメイヨシノや八重桜約400本…[記事全文]

2016年03月08日【徳島新聞】

蜂須賀桜、はや見頃 原田家住宅

蜂須賀桜、はや見頃 原田家住宅

  徳島市かちどき橋3の国登録有形文化財「原田家住宅」で、江戸時代から伝わる樹齢250年の蜂須賀桜が見頃を迎えた。暖冬の影響で例年より10日ほど早い。  住宅を管理するNPO法人「蜂須賀桜と武家屋敷の会」によると、桜は2月中旬から咲き始め、現在は七分咲き。徳島藩最後の藩主・蜂須賀茂韶から譲り受けたと伝えられる屋敷の古い壁や屋根瓦に、薄ピンクの花が映えている。…[記事全文]

2016年03月02日【徳島新聞】

花見客向けに茶屋 神山さくら会が餅販売や道案内

花見客向けに茶屋 神山さくら会が餅販売や道案内

  桜の名所として知られる神山町鬼籠野の国道438号沿いで4日、地元住民が「桜峠茶屋」を開き、食や道案内で花見客をもてなした。  町にシダレザクラ5千本を植えてきたNPO法人神山さくら会の約30人が、テントを設営。塩漬けした桜の花を入れた桜茶を振る舞ったり、草餅を販売したりした。  後藤桂子さん(75)=吉野川市鴨島町森藤=は「桜はピンクが鮮やかできれい。…[記事全文]

2015年04月07日【徳島新聞】

雨の中、健脚競う 由岐で夢マラソン

雨の中、健脚競う 由岐で夢マラソン

  美波町由岐地区で、桜並木を駆け抜ける「2015桜街道・夢マラソン」(実行委主催)があり、県内外の442人が健脚を競った。     田井の由岐B&G海洋センターを発着点にハーフマラソン(21・0975キロ)、ロードレース(3キロ)、亀さんマラソン(2キロ)の3部門で実施。冷たい雨となったが、参加者は住民の声援にも後押しされながら、満開の桜の下を懸命に走ってい…[記事全文]

2015年04月06日【徳島新聞】



新聞社桜特集リンク
桜の記憶