47NEWS >  47トピックス >  てくてく桜 >  てくてく桜 栃木

レンギョウや桜が見頃 茂木「花の山」

レンギョウや桜が見頃 茂木「花の山」

  【茂木】小山の観光自然園「花の山」でユキヤナギやレンギョウ、ソメイヨシノが見頃を迎え、白、黄、ピンクなど色とりどりの花々が山肌を染めている。  同園は谷間の約11万5千平方メートルに100種を超える花木が植栽されている。現在はレンギョウなどのほか、ボケやツバキ、ハナモモなども開花している。来場者は1周約4キロの遊歩道を歩いて写真を撮ったり、ベンチで食事を…[記事全文]

2017年04月14日【下野新聞】

ピンクの桜並木を大パレード 鹿沼・さつき大通りで、9日のまつりPR

ピンクの桜並木を大パレード 鹿沼・さつき大通りで、9日のまつりPR

  【鹿沼】9日開催の「第12回東部台ふれあいさくらまつり」(東部台地区コミュニティ推進協議会主催)を前に、まつりをPRするパレードが8日、同地区の市道(通称・さつき大通り)で行われた。自治会やサークルなど約30団体の計約350人の参加者が、満開の桜の下で行列を作って歩いた。  市道両脇の桜並木は満開に。昨年から導入された人力車2台を先頭に、参加者はイベント…[記事全文]

2017年04月10日【下野新聞】

矢板武記念館でシダレザクラのライトアップ

矢板武記念館でシダレザクラのライトアップ

  矢板市本町の矢板武記念館で8日、シダレザクラが見頃を迎え、ライトアップされた姿が幻想的な雰囲気を醸し出している。  樹齢約180年、高さ約17メートルの巨木。枝張りは15メートル前後で、下から見上げると花に包まれる感じになるほど。ライトアップは花が散る頃まで行う予定。  友人と観光で訪れた千葉市在住、会社員竹之内由希子(たけのうちゆきこ)さん(32)は…[記事全文]

2017年04月09日【下野新聞】

【まちなか記者が行く】9日が最終日、かまがわ桜まつり 5年目迎えた人と人つなぐ川床 宇都宮

【まちなか記者が行く】9日が最終日、かまがわ桜まつり 5年目迎えた人と人つなぐ川床 宇都宮

  柔らかな日差しを感じると、つい満開の桜を思い描く春。去年の今頃は、満開のソメイヨシノを求め八幡山に集う人たちを見つめていたっけ…。ところで、街の真ん中にシダレザクラの名所があることをご存じですか? 川面から淡い紅色の花を見上げるぜいたくなひととき「かまがわ川床桜まつり」をご案内しましょう。       祭りは宇都宮まちづくり推進機構魅力ある都心創造部会…[記事全文]

2017年04月09日【下野新聞】

栃木県立高で入学式 新入生、晴れやかに

栃木県立高で入学式 新入生、晴れやかに

  多くの県立高で7日、入学式が行われ、真新しい制服に袖を通した新入生たちが晴れやかに門出を迎えた。  創立10周年を迎えた足利清風高では、保護者や教員に見守られながら11期生200人が式に臨んだ。朝は小雨が降っていたが、式の中盤には体育館に太陽の光が差し込んだ。  伏木克行(ふせぎよしゆき)校長(58)は「学習や部活動に積極的に参加し、有意義な3年間を過…[記事全文]

2017年04月08日【下野新聞】

栃木・太山寺 シダレザクラ盛り 徳川家光の側室ゆかり

栃木・太山寺 シダレザクラ盛り 徳川家光の側室ゆかり

  栃木市の太平山(おおひらさん)のふもとにある太山寺(たいさんじ)の境内で、樹齢360年を超えるシダレザクラが盛りを迎え、見物客の目を楽しませている。  徳川幕府三代将軍家光の側室で、四代将軍家綱の生母である「お楽の方」が静養したときに植えたと伝えられる。友人に誘われて初めて見に来たという埼玉県久喜市の野村てい子さん(61)は「こんなに立派とは。ほんとにき…[記事全文]

2017年04月07日【東京新聞】



新聞社桜特集リンク
桜の記憶