47NEWS >  47トピックス >  てくてく桜 >  てくてく桜 佐賀

馬場の山桜(武雄市武内町)

馬場の山桜(武雄市武内町)

  小道を上るとパッと視界が開け、菜の花の黄色と山桜の薄ピンク色が目に飛び込んでくる。かぐわしい菜の花の香りと相まって、気分が明るくなる。馬場の山桜は推定樹齢120年、樹高12メートルの一本桜。菜の花畑から見上げる姿はよりいっそう大きく見える。写真愛好家に人気が高く、シーズン中はずらりとカメラが並ぶ。駐車場がないため、近くの車道に縦列駐車を。  ▽場所 県道…[記事全文]

2017年04月11日【佐賀新聞】

シダレザクラ見ごろ 伊万里市大川内町の實相院

シダレザクラ見ごろ 伊万里市大川内町の實相院

  伊万里市大川内町の實相院で、シダレザクラが見ごろを迎えている。住職の川添智圓さんが日蓮宗総本山久遠寺(山梨県)で3年間の修行を終えた際に、境内の樹齢400年のシダレザクラの苗を譲り受け、45年間大切に育ててきた。  今では屋根を越えるまでに育った木を見ようと、たくさんの人が訪れ、木陰のベンチに座り見上げていた。 ▽場所 伊万里市大川内町甲▽見ごろ 今週…[記事全文]

2017年04月07日【佐賀新聞】

桜めぐり 鳥栖市・朝日山公園

桜めぐり 鳥栖市・朝日山公園

 ■「さくら」とコラボ  この季節、小高い山の頂上が白く輝いて見える。ソメイヨシノのトンネルを抜け山頂から見下ろすと、枝越しに鳥栖、久留米、小郡方面が一望できる。南北に延びる高架は九州新幹線・鹿児島ルート。目の前の新鳥栖駅を通る新幹線「さくら」とのコラボレーションも見どころだ。  園内には芝生広場やアスレチックもあり、一年を通じて家族連れなどでにぎわう。山…[記事全文]

2017年04月07日【佐賀新聞】

大樹咲き誇る 唐津市の衣干百年桜

大樹咲き誇る 唐津市の衣干百年桜

  唐津市二タ子の衣干(きぬぼし)山の谷間に立つヤマザクラの大樹が、満開を迎えようとしている。昨年8月に県の名木・古木に登録された「衣干百年桜」。先週には登録を祝ううたげも開かれた。  樹齢約100年で、幹回りは3・8メートル。枝ぶりがよく、高さ10メートル、直径20メートルにわたって白い花が咲き誇る。かつて火葬場があった一帯で、10年前に公園に姿を変え、「…[記事全文]

2017年04月06日【佐賀新聞】

シダレザクラ見ごろ 伊万里市大川内町の實相院

シダレザクラ見ごろ 伊万里市大川内町の實相院

  伊万里市大川内町の實相院で、シダレザクラが見ごろを迎えている。住職の川添智圓さんが日蓮宗総本山久遠寺(山梨県)で3年間の修行を終えた際に、境内の樹齢400年のシダレザクラの苗を譲り受け、45年間大切に育ててきた。  今では屋根を越えるまでに育った木を見ようと、たくさんの人が訪れ、木陰のベンチに座り見上げていた。 ▽場所 伊万里市大川内町甲▽見ごろ 今週…[記事全文]

2017年04月05日【佐賀新聞】

樹齢100年ヒメシダレ満開 神埼の宝珠寺

樹齢100年ヒメシダレ満開 神埼の宝珠寺

  神埼市神埼町的の宝珠寺(中畑昭二住職)の一本桜が満開となり、見ごろを迎えている。県の名木100選のヒメシダレザクラで、今週末まで見ごろが続くという。  樹齢100年以上の古木で山里の風景を背に枝を広げている。観光客らは垂れ下がった枝につけた淡いピンク色の花を愛で、カメラを構えていた。  保育園の入園式を終え、記念撮影する家族の姿も。佐賀市の福島史也さん…[記事全文]

2017年04月04日【佐賀新聞】



新聞社桜特集リンク
桜の記憶