47NEWS >  47トピックス >  てくてく桜 >  てくてく桜 新潟

淡い緑の桜 満開に 新潟江南区・北山池公園の御衣黄

淡い緑の桜 満開に 新潟江南区・北山池公園の御衣黄

  新潟市江南区の北山池公園で、淡い緑の花を咲かせる八重桜の一種「御衣黄(ぎょいこう)」が見頃を迎えている。3本がピンクの八重桜と並んで咲き誇り、訪れる人々は色の対比を楽しんでいる。  北山池公園の御衣黄は20年以上前に、ソメイヨシノとともに植えられたという。御衣黄は花が満開になった後、徐々に赤い筋が浮き上がる。公園を管理する区建設課によると、見頃は5月初旬…[記事全文]

2017年04月28日【新潟日報】

咲いた桜 復興に希望 新潟江南区の有志、南三陸で手入れ

咲いた桜 復興に希望 新潟江南区の有志、南三陸で手入れ

  東日本大震災の復興を願って植えた桜の手入れをするため、新潟市江南区の有志8人が23日、被災した宮城県南三陸町を訪れた。1万5千人以上の死者を出した大震災から6年。一行は木の周囲の草刈りをしながら、4メートルほどの高さまで育った桜の姿に感慨深そうだった。...…[記事全文]

2017年04月25日【新潟日報】

法乗坊の種蒔き桜

法乗坊の種蒔き桜

 農作業時期告げる巨木  羽茂川の近くにあり、どっしりと根を下ろすエドヒガンの大木。羽茂大崎の人々のよりどころと親しまれてきた「法乗坊の種蒔(ま)き桜」だ。桜の花が咲くころを農作業の目安としたことからその名が付いた。  1972年に旧羽茂町の天然記念物に指定。樹高21メートル、幹回り4・3メートル、樹齢は260年とされる巨木だ。明治の初めに廃寺になった法乗…[記事全文]

2017年04月17日【新潟日報】

山川沿いの桜並木

山川沿いの桜並木

 集落の絆つなぐ春景色  鮫ケ尾城の麓、妙高市神宮寺集落を流れる山川の右岸堤防には、36本の桜が約350メートルにわたって並ぶ。ほぼ満開の桜は残雪の南葉山を借景に春の頸城野を彩っている。  約30年前から、市を通じて苗木を3回にわたって譲り受け、集落を挙げて育ててきた。「開花するとみんながここに集まってくる。集落の絆をつないでいるんです」と区長の丸山康夫さ…[記事全文]

2017年04月14日【埼玉新聞】

かがり火でシダレザクラ幻想的に 新潟市東区・じゅんさい池公園

かがり火でシダレザクラ幻想的に 新潟市東区・じゅんさい池公園

  新潟市東区の桜の名所として知られる松園2のじゅんさい池公園で12~16日夜、桜がライトアップされる。淡いピンク色のシダレザクラ周囲にはかがり火がたかれ、幻想的な雰囲気が演出される。  じゅんさい池公園には桜が約40本ある。中でも名物のシダレザクラ3本は、1989年に「祇園しだれ」と呼ばれる銘木が並ぶ京都市の円山公園から株分けされた。ライトアップでは、3本…[記事全文]

2017年04月12日【新潟日報】

しだれ桜めで 話に花 長岡栃尾・栗山沢集落

しだれ桜めで 話に花 長岡栃尾・栗山沢集落

  長岡市栃尾地域の最も奥まった山あいにある栗山沢集落で17日、樹齢100年を越えるしだれ桜の観桜会が開かれた。中越地震以降は世帯数が半減した集落が多くの人でにぎわい、歌や笑い声が響いた。  観桜会は地元住民が1981年から毎年開いてきた。高齢化などで2009年に一時中断したが、14年に復活した。  観桜会では、市内のサークルが民謡や踊りを披露。しだれ桜は…[記事全文]

2016年04月19日【新潟日報】



新聞社桜特集リンク
桜の記憶