47NEWS >  47トピックス >  てくてく桜 >  てくてく桜 長野

春の彩り、ロトウザクラ開花 市立長野図書館

春の彩り、ロトウザクラ開花 市立長野図書館

  長野市の市立長野図書館で22日、早咲きで知られる敷地内のロトウザクラが開花した。平年より2日遅い。つぼみに交じって薄桃色と白色の小さな花が咲き、通り掛かる人たちに春の訪れを感じさせている。  ロトウザクラは敷地の西側と南側に計13本が植えてあり、毎年5〜6輪開くと、図書館が開花を発表している。  この日は、冬型の気圧配置の影響で気温が低かったが、午後に…[記事全文]

2017年03月23日【信濃毎日新聞】

伊那小沢駅のカンザクラ、見頃に

伊那小沢駅のカンザクラ、見頃に

  天龍村平岡のJR飯田線伊那小沢駅周辺にあるカンザクラが見頃を迎え、信州に春の訪れを告げている。  一九三六(昭和十一)年に同駅の開業を記念して三本のカンザクラが植えられた。その後、植樹が続けられ、現在は十本ほどある。県に最も早く春を告げる桜とされている。  今年は二月二十四日に開花宣言。村役場によると、昨年は大雪で生育が今ひとつだったが、今年は天候にも…[記事全文]

2017年03月17日【中日新聞】

高遠の桜、都会の真ん中で咲く 新宿に16年11月末植樹

高遠の桜、都会の真ん中で咲く 新宿に16年11月末植樹

  伊那市と友好都市提携している縁で、東京都新宿区のJR新宿駅東南口駅前広場に昨年11月末に植えられた2本のタカトオコヒガンザクラが早くも開花し、大都会を行き交う人の目を引いている。  同区の新宿御苑一帯にはかつて、旧高遠藩主・内藤家の下屋敷があった。伊那市の高遠城址(じょうし)公園のタカトオコヒガンザクラは「天下第一」とも言われる伊那の象徴の一つ。植樹は新…[記事全文]

2017年03月10日【信濃毎日新聞】

春に戯れ、サクラ満喫 天龍村

春に戯れ、サクラ満喫 天龍村

  長野県下伊那郡天龍村平岡のJR飯田線伊那小沢駅脇のカンザクラにメジロが集い、「チー、チー」と美しい鳴き声を響かせている。8日は、穏やかな日差しを浴びてほころんだ淡いピンクの花から花へとせわしく飛び回る姿が見られた=写真。  メジロはスズメより一回り小さく、頭から背中にかけてが黄緑色。名前の通り、目の周りが白い。この日は細いくちばしで蜜を吸っていた。  …[記事全文]

2017年03月09日【信濃毎日新聞】

矢沢城跡、桜の名所もう一度 上田で4月初の祭り

矢沢城跡、桜の名所もう一度 上田で4月初の祭り

  上田市殿城の住民有志でつくる「矢沢城跡さくら会」(高見沢高男会長)と矢沢自治会が4月8〜23日、地元の矢沢公園で「矢沢城跡さくら祭り」を初めて開く。かつて桜の名所とされた場所に再び人を呼び込もうと企画した。期間中はぼんぼりを点灯し、夜桜も楽しめるようにする。「地区外からも多くの人に見に来てほしい」と来場を呼び掛けている。  矢沢公園は、戦国武将・真田幸隆…[記事全文]

2017年03月03日【信濃毎日新聞】

カンザクラ「開花宣言」 天龍から春の訪れ告げる

カンザクラ「開花宣言」 天龍から春の訪れ告げる

  長野県下伊那郡天龍村は24日、同村平岡のJR飯田線伊那小沢駅にあるカンザクラの「開花宣言」を出した。昨年より5日早い。県内でいち早く咲くとされる桜で、この1週間ほどでつぼみが徐々に膨らみ始めていた。まだ気温の低い日が続いており、満開を迎えるのは3月中旬ごろになりそうだ。  カンザクラはホーム近くの斜面に10本ほどが植わっている。村振興課の大平成二さん(2…[記事全文]

2017年02月25日【信濃毎日新聞】



新聞社桜特集リンク
桜の記憶