47NEWS >  47トピックス >  てくてく桜 >  てくてく桜 三重

春告げる河津桜 志摩・大慈寺で見頃

春告げる河津桜 志摩・大慈寺で見頃

  志摩市大王町波切の大慈寺で、「てんれい桜」として親しまれている早咲きの河津桜が見頃を迎えている。三月上旬まで楽しめる。  二十五年ほど前に先代の住職秀森典嶺(ひでもりてんれい)さんが河津桜の枝を譲り受け、挿し木をして育てた。現在では境内に約二十本あり、最初に挿し木した桜は幅十メートルほどに枝を張っている。  今年は例年より十日ほど早い二月十日ごろに開花…[記事全文]

2017年03月01日【中日新聞】

ごんべえ桜、色濃く豪華 紀北で見頃

ごんべえ桜、色濃く豪華 紀北で見頃

  紀北町便ノ山の種まき権兵衛の里で、「ごんべえ桜」の愛称で親しまれている河津桜が見頃を迎えており、多くの来園者が季節の移ろいを満喫している。  ごんべえ桜は、園内に四本、駐車場に十二本、県道沿いや銚子川沿いに八十本あり、開花は昨年より十日ほど遅い一月末に確認された。今週末にかけてがピークで、月末までは楽しめそう。  亀山市の田中里子さん(59)は夫の俊英…[記事全文]

2017年02月23日【中日新聞】

一足早い春の訪れ 南伊勢町 カワヅザクラ開花

一足早い春の訪れ 南伊勢町 カワヅザクラ開花

 【度会郡】南伊勢町東宮の河村瑞賢公園で、早咲きのカワヅザクラが咲き始め、鮮やかなピンクの花が一足早い春の訪れを告げている。  オオシマザクラとカンヒザクラの自然交配種とされ、花期が約一カ月と長いのが特徴。  同公園のカワヅザクラは、旧南島町の町の花として植えられていたアジサイの生育を助けるために植樹されたもので、東宮区(田中敏男区長)が町からの委託を受け…[記事全文]

2017年02月17日【伊勢新聞】

河津桜、もうすぐ見頃 尾鷲神社

河津桜、もうすぐ見頃 尾鷲神社

  尾鷲市北浦町の尾鷲神社で、早咲きの桜として知られる河津桜の見頃が近づき、少し早い春の訪れを感じさせている。  入り口付近に立つ高さ五メートルほどの二本は、三十年ほど前に氏子から贈られた。例年一~五日の例祭ヤーヤ祭りのころに咲き始める。今年は寒さの影響かやや遅れ気味だが、十四日には八分咲きほどとなり、薄桃色の花が参拝客を癒やしている。  加藤守朗宮司は「…[記事全文]

2017年02月15日【中日新聞】

伊勢、各所で桜見頃 ライトアップやイベントも

伊勢、各所で桜見頃 ライトアップやイベントも

 【伊勢】伊勢市内各地で桜が満開を迎えている。宮川の堤防沿いには桜並木ができ、千本桜を楽しむ大勢の花見客でにぎわっている。十日までの午後六時―同十時はライトアップされており、夜桜も味わえる。  宮川堤は「日本さくら名所百選」の一つに数えられる。約一キロの桜並木には、ソメイヨシノやヤマザクラなどが植わっており、見る人を和ませている。  一方、伊勢神宮内宮周辺…[記事全文]

2016年04月06日【伊勢新聞】

春見上げ 松阪・嬉野さくらまつり

春見上げ 松阪・嬉野さくらまつり

  松阪市嬉野中川町の「さくら堤防」付近で三日、嬉野さくらまつりが開かれた。見頃を迎えた桜の木の下で、地域住民らがステージなどを楽しんだ。  さくら堤防は、約五百メートルにわたって百本余りの桜が植えてあり、嬉野地区の名所となっている。まつりは、地域の活性化を図ろうと、松阪北部商工会が企画した。  会場に設けられたステージでは、津市出身の漫才コンビ「カツラギ…[記事全文]

2016年04月04日【中日新聞】



新聞社桜特集リンク
桜の記憶