47NEWS >  47トピックス >  てくてく桜 >  てくてく桜 三重

名張・延寿院のしだれ桜満開 20日までライトアップ

名張・延寿院のしだれ桜満開 20日までライトアップ

  伊賀地域に桜の季節が訪れ、名張市赤目町長坂の延寿院のしだれ桜(市天然記念物)が満開になった。見頃が続く二十日まで夜はライトアップされる。細く垂れ下がった枝いっぱいに咲いた白い花が、春の夜風に揺れる。  高さ七メートルのしだれ桜は樹齢四百年とされる。今年は六日に開花し、十日に満開になった。花の大きさはソメイヨシノよりも一回り小さいが、花持ちは良く、緑色の葉…[記事全文]

2017年04月13日【中日新聞】

桜満開、食に音楽に歓声 津・榊原温泉

桜満開、食に音楽に歓声 津・榊原温泉

  榊原温泉さくら祭りが八日、津市榊原町の温泉保養館湯の瀬多目的広場であり、市民ら約千八百人(主催者発表)が満開の桜の下で、飲食や音楽を楽しんだ。  祭りは榊原地区の自治会長らがつくる実行委員会が主催。地元住民らが、古代米や、榊原温泉の源泉でいれたコーヒーなど地元の名物や軽食を販売する十一ブースを出展した。  当日は、ソメイヨシノやしだれ桜など約百二十本の…[記事全文]

2017年04月09日【中日新聞】

津 榊原温泉さくら祭りに1800人 120本、花満開

津 榊原温泉さくら祭りに1800人 120本、花満開

 【津】津市榊原町の第二十回「榊原温泉さくら祭り」が八日、同町の湯の瀬多目的広場であった。演奏や演舞、餅まきや振る舞いなどに約千八百人(主催者発表)が訪れた。  榊原温泉の魅力を知ってもらおうと自治会や温泉振興協会などでつくる実行委員会が開催した。満開のソメイヨシノやシダレザクラ計百二十本の下で二十回の節目を迎えた。  地元の小学生―六十歳代で活動する和太…[記事全文]

2017年04月09日【伊勢新聞】

松坂城跡の夜桜ライトアップ、12日まで延長

松坂城跡の夜桜ライトアップ、12日まで延長

  松阪市は、九日までとしていた松坂城跡(松阪公園)の夜桜ライトアップを十二日まで延長する。六日は八分咲きで、満開予想は七日。今年は寒く、開花が例年より一週間から十日遅れているため。  城跡にはソメイヨシノなど三百本の桜がある。投光器やぼんぼりで石垣とともに照らし出し、幻想的な空間を演出している。六日、入り口付近は満開に近く、記念撮影をする家族連れらでにぎわ…[記事全文]

2017年04月07日【中日新聞】

桜満開まるでトンネル 大紀町柏崎支所前

桜満開まるでトンネル 大紀町柏崎支所前

  大紀町指定文化財で樹齢百五十年近くといわれるシダレザクラが、町柏崎支所前で見頃を迎えている。  高さが十一メートルあり、支所の敷地から熊野街道にせり出して咲いているため、下を通ると桜のトンネルのよう。晴天に恵まれた三日は町内外から多くの花見客が訪れ、木の近くで休憩したり写真撮影をしたりしていた。  支所職員は「今年は咲き始めが一週間ほど遅かったが、例年…[記事全文]

2017年04月05日【中日新聞】

津で桜咲く 10日ごろ満開

津で桜咲く 10日ごろ満開

  県内にも春本番の便りが届いた。津地方気象台は三日、津市で桜(ソメイヨシノ)が開花したと発表した。気象台によると、寒さの影響で、開花は昨年より六日遅く、平年比でも四日遅い。十日ごろに満開になるという。  三日午前十時ごろ、気象台の職員が同市広明町の津偕楽公園にあるソメイヨシノの標本木で五輪ほどが咲いているのを確認した。  陽気に包まれた公園では親子連れら…[記事全文]

2017年04月04日【中日新聞】



新聞社桜特集リンク
桜の記憶