47NEWS >  47トピックス >  てくてく桜 >  てくてく桜 熊本

黄緑色の桜が見頃 人吉市の温泉旅館

黄緑色の桜が見頃 人吉市の温泉旅館

  黄緑色の花が特徴の八重咲きの桜「御衣黄[ぎょいこう]」が、人吉市の温泉旅館で見頃を迎えている。例年より開花が半月ほど遅く、22日ごろまで楽しめそう。  「御衣黄」は、昔の貴人が好んで身に着けた衣装の色に似ていることから名付けられたという。矢黒町の「石亭の館」には敷地内に6本ある。  同旅館取締役の川越公弘さん(71)は「御衣黄に続いてヤマザクラや八重桜…[記事全文]

2017年04月18日【熊本日日新聞】

熊本城の行幸坂、期日限定で一部開放

熊本城の行幸坂、期日限定で一部開放

  桜並木が続く熊本城の行幸[みゆき]坂の一部開放が25日、始まった。ソメイヨシノはまだ開花していないものの、通行する市民らは、緑の鉄骨に覆われた飯田丸五階櫓[やぐら]を間近に眺め、写真に納めていた。  行幸坂は熊本地震の影響で路面両脇に亀裂が入り、立ち入りが規制されていた。今回の開放は花見シーズンに合わせた措置で4日間のみ。区間は坂の入り口から、城彩苑の北…[記事全文]

2017年03月25日【熊本日日新聞】

春見っけ! 出水南中に早咲きサクラ

春見っけ! 出水南中に早咲きサクラ

  熊本市中央区の出水南中で、早咲きのサクラ「イズノオドリコ(伊豆の踊子)」が、かれんな花を咲かせ、生徒や地域住民の目を楽しませている。  同校や市動植物園「緑の相談所」によると、イズノオドリコは造園師の故石井武夫さんが静岡県の伊豆半島で発見し、命名。2004年に同校が石井さんから譲り受けて校門近くに植樹した。  ソメイヨシノと比べて花弁の色が濃く、約1カ…[記事全文]

2017年03月08日【熊本日日新聞】

春告げる薄桃色、「てんすい桜」見ごろ 玉名市

春告げる薄桃色、「てんすい桜」見ごろ 玉名市

  玉名市天水町の「草枕温泉てんすい」に飾られている切り枝「てんすい桜」が見頃を迎え、薄いピンク色の花が入浴客を喜ばせている。  てんすい桜はヒガンザクラなどを交配したケイオウザクラという品種で、枝が細いのが特徴。通常は3月上旬に開花するが、同施設が町の特産にしようと毎年切り枝をハウスで加温栽培。切り枝は600~1100円で販売している。  14日は玄関に…[記事全文]

2017年02月16日【熊本日日新聞】

黄緑のサクラ「御衣黄」 人吉市で見ごろに

黄緑のサクラ「御衣黄」 人吉市で見ごろに

  人吉市の温泉旅館や人吉署で、八重桜の「御衣黄[ぎょいこう]」が見頃を迎えている。1週間ほどは楽しめそうだという。  御衣黄は黄緑色の花びらが特徴。時間がたつにつれて花の中心部が紅色に染まっていくという。サクラの中では開花時期が遅い。  同市矢黒町の温泉旅館「石亭の館」には、敷地内に6本植えてある。白花のオオシマザクラも2本あり、いずれも満開。取締役の川…[記事全文]

2016年04月11日【熊本日日新聞】

花散らしの雨、歩道はしっとり桜色 熊本市

花散らしの雨、歩道はしっとり桜色 熊本市

  県内は3日から4日朝にかけてしっとりとした雨が降り、見頃の桜の花びらを落とす花散らしの雨となった。  熊本地方気象台によると、4日正午までの24時間降水量は、南小国町28・5ミリ、天草市本渡町26・5ミリ、熊本市13・5ミリなど。同市南区の平成中央公園周辺では、風雨で散った花びらが歩道をピンクに染めた。  同気象台によると、5日の県内は高気圧に覆われて…[記事全文]

2016年04月04日【熊本日日新聞】



新聞社桜特集リンク
桜の記憶