47NEWS >  47トピックス >  てくてく桜 >  てくてく桜 高知

満開の桜に陽光、ピンクが高知を彩る

満開の桜に陽光、ピンクが高知を彩る

  満開の桜にようやく陽光注ぐ―。4月9日の高知県内は雲が多いものの5日ぶりの晴れ間も見られ、ここ数日で一気に花開いた桜のピンクが、山里や市街地をふんわりと彩った。  今季、高知城にある標本木(ソメイヨシノ)の開花は3月29日と、平年より7日遅かった。高知県内全体でも一部を除き開花は遅く、高知県吾川郡仁淀川町別枝の名木「中越家のしだれ桜」も4月に入った当初は…[記事全文]

2017年04月10日【高知新聞】

高知市で平年より7日遅く桜満開  雨にけぶる

高知市で平年より7日遅く桜満開  雨にけぶる

  高知地方気象台は6日、高知市の桜が「満開」になったと発表した。高知城三の丸にあるソメイヨシノの標本木が80%以上開花したことが確認されたためで、平年より7日、2016年より4日遅かった。    せっかくの満開宣言だが、この日は朝からあいにくの雨。高知市の堀川沿いの遊歩道では、しっとりとぬれた桜がはかなげな雰囲気を醸し出していた。堀川の桜を撮影し続けていると…[記事全文]

2017年04月07日【高知新聞】

高知県いの町の枝川公園周辺で130本のヨウコウザクラが見頃

高知県いの町の枝川公園周辺で130本のヨウコウザクラが見頃

  高知県吾川郡いの町の枝川公園とその周辺で、130本を超すヨウコウザクラが見頃を迎えている。住民の丹念な手入れのかいあって、今年も訪れた人の目を楽しませている。  16年前に地元の町内会が苗を取り寄せ、住民がオーナーとなり、宇治川沿いに植樹した。「地域の環境を守るECOクラブ」(山脇幸一代表)のメンバーが中心となり、草刈りや枝切りなどの世話を行っている。 …[記事全文]

2017年04月05日【高知新聞】

高知県民は花見を楽しむ時間が全国トップ でも財布はガッチリ

高知県民は花見を楽しむ時間が全国トップ でも財布はガッチリ

  高知県民は花見を楽しむ時間が全国最長。でも、予算はしっかり抑制―。民間気象会社「ウェザーニューズ」の花見に関する調査でそんな結果が出た。  調査は、ウェザーニューズのスマートフォン向けアプリの会員を対象に、選択肢から選ぶ形式で実施した。質問によって異なるが、7500~9700人が回答した。  花見を楽しむ時間は高知県と京都府が2・4時間で最も長かった。…[記事全文]

2017年04月03日【高知新聞】

高知県の土佐清水市と宿毛市で桜開花 独自標準木を確認し宣言

高知県の土佐清水市と宿毛市で桜開花 独自標準木を確認し宣言

  一足お先に春本番―。高知県土佐清水市のNPO法人と宿毛市が3月28日、ソメイヨシノの“開花宣言”をした。ともに、桜が早く楽しめる場所として市をPRする試み。「高知市より早く宣言したかった」とひそかにライバル視していた関係者は、にんまりと笑みを浮かべている。...…[記事全文]

2017年03月29日【高知新聞】

高知県須崎市の桑田山が“桃源郷”に 夜桜とキャンドルが共演

高知県須崎市の桑田山が“桃源郷”に 夜桜とキャンドルが共演

  「雪割り桜」の名前で親しまれているツバキカンザクラの名所、高知県須崎市の桑田山で2月25日夜、「第5回夜桜キャンドルナイト」が開かれた。照明の光で浮かび上がった夜桜と、キャンドルの炎による華やかな“共演”を約2500人の来訪者が楽しんだ。雪割り桜は3月初旬にかけて満開を迎えるという。  桑田山では住民が約千本の雪割り桜を育てている。「夜桜キャンドルナイト…[記事全文]

2017年02月27日【高知新聞】



新聞社桜特集リンク
桜の記憶