47NEWS >  47トピックス >  てくてく桜 >  てくてく桜 岩手

桜並木においらん華やか 北上・展勝地でまつり

桜並木においらん華やか 北上・展勝地でまつり

  23日の県内は気圧の谷や寒気の影響で、曇りや晴れとなり雨の所もあった。北上市立花では北上展勝地さくらまつりの名物行事「第15回おいらん道中」(黒沢尻歌舞伎保存会主催)が行われた。着物姿のおいらん役の3人を含む総勢約30人が、見頃を迎えた桜並木の下をゆっくりと練り歩き、華やかな行列が大勢の行楽客を楽しませた。  おいらん道中は江戸・吉原の遊郭で遊女が着飾っ…[記事全文]

2017年04月24日【岩手日報】

<さくら道中>桜ひらり、おいらんしゃなり

<さくら道中>桜ひらり、おいらんしゃなり

  桜の名所、岩手県北上市の展勝地で23日、江戸時代の花街行列を再現した「さくら道中」があった。見頃を迎えた桜のトンネルを舞台に、きらびやかな衣装をまとったおいらんが練り歩く歴史絵巻が繰り広げられた。  市内で村歌舞伎の伝承に取り組む黒沢尻歌舞伎保存会メンバーの行列が、満開間近の桜並木の下をゆっくり進んだ。友人と初めて見物した花巻市の会社員斉藤絹恵さん(30)…[記事全文]

2017年04月24日【河北新報】

「石割桜」堂々と 見物客魅了

「石割桜」堂々と 見物客魅了

  岩手県盛岡市内丸の盛岡地裁構内にある国の天然記念物「石割桜」が20日、満開となった。岩の割れ目から伸びる樹齢360年の大樹が淡いピンクの花をまとい、見物客を魅了している。  咲き誇る名木を一目見ようと、朝から観光客や写真愛好家が大勢駆け付けた。宿泊学習の一環で訪れた岩手県岩泉町小川中2年の下留菜々子さん(13)は「満開のタイミングで見ることができてうれしい…[記事全文]

2017年04月21日【河北新報】

満開の春、すぐそこ 盛岡・栃内病院でソメイヨシノ開花

満開の春、すぐそこ 盛岡・栃内病院でソメイヨシノ開花

  10日の県内は高気圧に覆われて晴れ、盛岡市肴町の栃内病院(白石秀夫院長)では、早咲きで知られるソメイヨシノが開花し、淡いピンク色の花びらが春本番を告げている=写真。  職員が9日、幹部分に3輪咲いているのを見つけ、10日はさらに数輪がほころんだ。前年より約10日遅い開花となった。  木の病気への対応で昨年12月に一部の幹を切り、回復を心配していたが、施…[記事全文]

2017年04月11日【岩手日報】

<桜前線>満開まだかな 北上・まつり開幕

<桜前線>満開まだかな 北上・まつり開幕

  東北有数の桜の名所として知られる北上市の展勝地で10日、恒例のさくらまつりが始まった。5月7日までの期間中、江戸時代の花街行列を再現した「さくら道中」、民俗芸能の鬼剣舞公演などの催しが繰り広げられる。  桜は北上川河畔2キロにソメイヨシノを中心に500本が並ぶ。まだつぼみで、開花は17日ごろ、満開は22日以降になるとみられる。  開催式で地元保育所の子ども…[記事全文]

2017年04月11日【河北新報】

花見待ち遠しく 岩手公園15日からさくらまつり

花見待ち遠しく 岩手公園15日からさくらまつり

  花見シーズンを前に、県内では今春も野鳥の食害が報告されている。今年は桜の花芽を好むアカウソの飛来が多い年で、盛岡市内丸の岩手公園でもつぼみが少ない枝が見られる。大半の花芽が食べられた2013年ほどの食害ではなく、研究者は「花見は楽しめそうだ」と予想。とはいえ花が咲くまで詳しい被害状況は分からないため、気をもむ日々が続きそうだ。  岩手公園では4日、市内の…[記事全文]

2017年04月05日【岩手日報】



新聞社桜特集リンク
桜の記憶