47NEWS >  47トピックス >  てくてく桜

てくてく桜特集

47NEWSが桜の風景を綴った。沖縄から北海道までの桜前線を追う。厳選した、春の光景が広がる。

【二本松】安達ケ原公園で「花見提灯」点灯 桜が夜空に浮かぶ

【二本松】安達ケ原公園で「花見提灯」点灯 桜が夜空に浮かぶ

  二本松市の安達ケ原顕彰会(渡辺恒久会長)は、同市の安達ケ原公園周辺に約500個の発光ダイオード(LED)電球を使った花見提灯(ちょうちん)を取り付け、現地で点灯式を行った。  地元企業など約70社の協賛を得て、毎年桜の季節に20年以上点灯を続けている。同公園周辺にワイヤを張り巡らせ、色鮮やかな花見提灯を夜空に浮かび上がらせた。また、桜のライトアップも行った。  点灯式では、渡辺会長、松本徳寿大平住民センター所長、顧問の高橋徳樹さんがあいさつし、関係者が点灯のスイッチを押した。  点灯は5…[記事全文]

2016年04月07日 【福島民友新聞】

【二本松】見事な枝ぶり「万燈桜」 道の駅「安達」智恵子の里下り線

【二本松】見事な枝ぶり「万燈桜」 道の駅「安達」智恵子の里下り線

  二本松市の国道4号道の駅「安達」智恵子の里下り線の入り口にあるエドヒガンザクラの巨木「万燈(まんとう)桜(ざくら)」のライトアップが5日、始まった。点灯は24日までで、毎日午後6時~同11時に点灯する。  万燈桜は満開となっており、最も美しい時期にライトアップがスタートした。樹齢約270年の一本桜で、高さが約30メートル。枝ぶりが美しいと評判の桜で、今回は6基の投光器を使って桜や根元を美しく照らし出した。根元のライトアップは色が変化する。  初日は同所で点灯式が行われ、道の駅を運営する二本…[記事全文]

2016年04月07日 【福島民友新聞】

【富岡】「夜の森桜」満開...変わらない美 3D映像化作業始まる

【富岡】「夜の森桜」満開...変わらない美 3D映像化作業始まる

  東京電力福島第1原発事故の影響で帰還困難区域となっている富岡町の桜の名所、夜の森公園前の桜が6日、満開となり、「桜のトンネル」が空を覆うように広がっている。  同町夜の森地区は約2.2キロの桜並木で知られるが、大部分が帰還困難区域に指定されている。同公園前の桜並木は震災前、「夜の森桜まつり」の会場になるなど町のシンボルとして特に町民らから親しまれた。  環境省は昨年、夜の森地区の帰還困難区域の桜並木を除染。しかし、町は「周辺住宅などの除染が不十分」として今年も帰還困難区域の桜並木の公開を見…[記事全文]

2016年04月07日 【福島民友新聞】

【大熊】「坂下ダム」周辺の桜が見ごろ 復興道半ば、町民を応援

【大熊】「坂下ダム」周辺の桜が見ごろ 復興道半ば、町民を応援

  東京電力福島第1原発事故で全町避難が続く大熊町の桜の名所「坂下ダム」周辺の桜が見ごろを迎えている。震災から丸5年が経過した今も町の復興は道半ばだが、無人の町に咲き誇る桜は町民を応援するように今春も美しい光景をつくりだしている。あと1週間ほどは見ごろが続くという。  ダム周辺にはシダレザクラやボタンザクラなど複数種の桜約500本が咲く。日中の立ち入りは自由で、町内に一時立ち入りした町民らが足を運んでいる。  2013(平成25)年に坂下ダム施設管理事務所に設置した町現地連絡事務所の臨時職員6…[記事全文]

2016年04月07日 【福島民友新聞】

【国見】『幻想の美』観月台公園 憩いの場所、桜をライトアップ

【国見】『幻想の美』観月台公園 憩いの場所、桜をライトアップ

  国見町の観月台公園で5日夜、桜のライトアップが始まった。訪れた人たちが光に照らされた夜桜を楽しんでいる。15日まで。  同公園では約100本のソメイヨシノが咲き誇り、春の憩いの場所として多くの人に親しまれている。桜の美しさを際立たせようと毎年、ライトアップされている。  5日に点灯式が行われた。太田久雄町長、東海林一樹町議会議長、岡崎長市町商工会長が点灯ボタンを押すと、辺りは桜と光の幻想的な雰囲気に包まれた。  期間中の点灯は各日午後6時30分~同9時。…[記事全文]

2016年04月07日 【福島民友新聞】

【二本松】龍泉寺「翔龍桜」満開 歴史物語る桜、幻想的な光景

【二本松】龍泉寺「翔龍桜」満開 歴史物語る桜、幻想的な光景

  二本松市二伊滝の曹洞宗龍泉寺(武田良典住職)で悲運の信濃国(長野県)長沼藩主ゆかりの「翔龍桜」のライトアップが始まり、幻想的な光景が訪れる人を魅了している。点灯は12日までで、ちょうど満開の時期を迎えている。  翔龍桜は、日向国(宮崎県)高鍋藩主秋月家から長沼藩主佐久間家へ養子に入り4代藩主となった佐久間織部勝親(かつちか)にゆかりがある。勝親は徳川5代将軍綱吉から御側小姓を命じられたが病と称して辞退しとがめられ、領地没収、二本松藩丹羽家お預けの身となった。辞退の理由は奥女中とのかなわぬ恋が…[記事全文]

2016年04月07日 【福島民友新聞】



新聞社桜特集リンク
桜の記憶