47NEWS >  47トピックス >  てくてく桜

てくてく桜特集

47NEWSが桜の風景を綴った。沖縄から北海道までの桜前線を追う。厳選した、春の光景が広がる。

春の訪れ告げる淡い紅色 大分大医学部のオカメザクラ見頃

春の訪れ告げる淡い紅色 大分大医学部のオカメザクラ見頃

  由布市挾間町の大分大学医学部で、オカメザクラが見頃を迎えた。風で淡い紅色の花びらがふわりと舞い、学生らは春の訪れを感じていた。  オカメザクラはカンヒザクラとマメザクラを交配した品種。同大には、2008年の日本解剖学会総会の記念で1本が植樹された。  オカメザクラの花が終わると、間もなくソメイヨシノがシーズンを迎える。日本気象協会が8日に発表した今季3回目の開花予想によると、大分市の開花は平年より2日遅い26日。予想満開日は平年より4日遅い4月7日の見込み。 …[記事全文]

2017年03月15日 【大分合同新聞】

沖縄のエール込めた桜 被災地・神戸で今年も開花

沖縄のエール込めた桜 被災地・神戸で今年も開花

  阪神・淡路大震災からの復興を願い、1996年に沖縄県の市民団体から寄贈されたカンヒザクラが、神戸市中央区の王子南公園南側で花を咲かせた。被災地を元気づけようと、当時、2千本もの苗木を集め、神戸に届けた同県糸満市の崎山正美さん(67)が、成長したサクラと再会。苗木を受け取った神戸のボランティアらとも会い、復興を祝福した。(貝原加奈)  ガレキに花を咲かせましょう-。95年の震災発生後、官民協力で「阪神市街地緑化再生プロジェクト」が始まった。活動を支えていた都市計画コンサルタント天川佳美さん(6…[記事全文]

2017年03月15日 【神戸新聞】

早咲きの桜、陽気に誘われ 金沢城公園の玉泉院丸庭園

早咲きの桜、陽気に誘われ 金沢城公園の玉泉院丸庭園

  13日の石川県内は、午前中すっきりと晴れ渡り、正午までの最高気温は金沢16.3度、輪島15.9度と、4月中旬並みとなった。  金沢城公園の玉泉院丸庭園では陽気に誘われて早咲きのツバキカンザクラがほころび始め、かれんな薄桃色の花びらに、来園者は一足早い陽春の到来を感じ取った。  低気圧が接近する影響で、夕方から夜のはじめにかけては雷を伴う強い雨が降る見込みで、金沢地方気象台は県内全域に雷注意報を発令して注意を呼び掛けた。…[記事全文]

2017年03月13日 【北國新聞】

カワヅザクラ満開 春を実感 岡山で児島湖花回廊まつり

カワヅザクラ満開 春を実感 岡山で児島湖花回廊まつり

  「児島湖花回廊さくらまつり」(実行委主催、山陽新聞社後援)が12日、岡山市南区築港栄町の花回廊ゴルフコースで開かれた。過去最多の約2万人(主催者発表)が、春の訪れを告げるように満開になったカワヅザクラや多彩なイベントを満喫した。  濃いピンクの花を付けたカワヅザクラは早咲き種として知られる。近くに工場があるDOWAホールディングス(東京)の呼び掛けで、地域住民らが同ゴルフコースや児島湖周辺に植えた約5400本が会場を彩り、家族連れらが桜をバックに撮影するなどして楽しんでいた。  特設ステー…[記事全文]

2017年03月12日 【山陽新聞】

一足早くお花見 取手のヒガンザクラ早くも満開

一足早くお花見 取手のヒガンザクラ早くも満開

  取手市新町のポケットパーク弁天山公園のヒガンザクラが満開を迎えた。傍らでは白梅も咲き誇っており、市民が梅と桜の「同時お花見」を楽しんでいる。  半世紀以上前から「市内で最も早咲きの桜」として親しまれてきた。近所の理髪店の店主によると、2月中旬ごろから咲き始め、昨年同様、10日ほど早く満開になったという。  数日前から、花見で公園を訪れるグループが見受けられるという。今月中旬ごろまで楽しめそうだ。ヒガンザクラが散り始めると、市内各所でソメイヨシノが花を開く。 (坂入基之) …[記事全文]

2017年03月11日 【東京新聞】

誇らかに春告げる 防府・向島小の寒桜

誇らかに春告げる 防府・向島小の寒桜

 防府市の向島小学校にあり山口県の天然記念物に指定されている樹齢90年以上の寒桜が花を咲かせ、連日多くの見物客が訪れている。10日現在四分咲きで、満開は15日前後になりそう。 寒桜は正面玄関そばの校庭にあり、高さ約9メートル、幹の太さ最大約2.5メートル、9メートル四方に枝を張った大樹。カンヒザクラとヤマザクラの交雑種で、約100年前に卒業生が記念に植えたとされる。 ことしは昨年に比べ5日早い2月27日に開花。気温が上がり春らしい天候となった10日は一気に花を開かせ、春の訪れを告げた。見物客は…[記事全文]

2017年03月11日 【山口新聞】



新聞社桜特集リンク
桜の記憶