47NEWS >  47トピックス >  てくてく桜

てくてく桜特集

47NEWSが桜の風景を綴った。沖縄から北海道までの桜前線を追う。厳選した、春の光景が広がる。

春を実感 カワヅザクラ開花 小野・大島川桜回廊

春を実感 カワヅザクラ開花 小野・大島川桜回廊

  兵庫県小野市大島町、大島川桜回廊で、早咲きのカワヅザクラが開花を始めている。多くは二分咲き程度だが、早い木は五分咲き。今週末にかけて見ごろに近づきそうだ。  同回廊は2007年に市が整備し、約800メートルにカワヅザクラ31本とソメイヨシノ47本が並ぶ。ソメイヨシノのつぼみはまだ堅いが、カワヅザクラは例年通り3月3日にほころび始めた。  市まちづくり課の男性職員(38)は「開花を楽しみにしていた市民の問い合わせもあり、春を実感する」と話している。(笠原次郎)…[記事全文]

2017年03月08日 【神戸新聞】

一足先に花見…河津桜が満開、久喜の青毛堀川沿い 県外からも見物客

一足先に花見…河津桜が満開、久喜の青毛堀川沿い 県外からも見物客

  久喜市鷲宮を流れる青毛堀川沿いで、河津桜が満開になり、見頃を迎えている。  鷲宮神社の近くに架かる宮前橋から約2・7キロに渡って約1000本が植樹されている。20年前、当時の青年部有志によって150本が植えられたのが始まりで、網の目のように絡まり合う雑草の根をスコップでうがつのは、想像以上の大変な作業だったという。  最初は小さかった木々も年を追うにつれて成長していき、例年、3月上旬から中旬にかけて、土手の菜の花と共に川辺を彩るようになった。  今では県外からも見物客が訪れるが、地元の人…[記事全文]

2017年03月08日 【埼玉新聞】

啓蟄、カワヅザクラほころぶ陽気 宇都宮城址公園で二~五分咲き

啓蟄、カワヅザクラほころぶ陽気 宇都宮城址公園で二~五分咲き

  二十四節気の一つ「啓蟄(けいちつ)」の5日、宇都宮市本丸町の宇都宮城址(じょうし)公園では、早咲きのカワヅザクラの開花が進み、ミツバチが忙しく飛び回る姿が見られた。  市内はこの日、最高気温15・5度と4月上旬並みの陽気となった。公園散策路脇の55本のカワヅザクラも二~五分咲きとなり、すっかり春の装いに。同市公園管理課によると、開花の進みは例年並みで、3月中旬にも見頃を迎えるという。  芝生広場では訪れた家族連れがボール遊びや縄跳びなどに興じた。…[記事全文]

2017年03月06日 【下野新聞】

一足早く桜の花見 猪苗代ハーブ園で『雪見さくら祭り』

一足早く桜の花見 猪苗代ハーブ園で『雪見さくら祭り』

 ハーブ園の温室の中で一足先に咲いた桜  第10回「雪見さくら祭り」は20日まで、猪苗代町の猪苗代ハーブ園で開かれ、来場者が一足早い桜の花見を楽しんでいる。  同園の温室内では、河津桜や松前桜、御殿場桜、おかめ桜、啓翁桜の鉢植え約60本のほか、パンジーや菜の花などが咲いている。  さくら餅と抹茶、お団子と抹茶のセット(いずれも税込み500円)など期間限定スイーツも楽しめる。  時間は午前9時~午後5時。入園無料。さくら祭り終了後も4月21日まで入場無料で花々を観賞できる。  問い合わせは…[記事全文]

2017年03月06日 【福島民友新聞】

青空に映えるカワヅザクラ 伊勢崎・市民のもり公園

青空に映えるカワヅザクラ 伊勢崎・市民のもり公園

  ソメイヨシノより開花が早いカワヅザクラが群馬県伊勢崎市山王町のいせさき市民のもり公園「くさぶえの丘」で咲き、多くの人が散策しながら花を楽しんでいる=写真。  母や娘と訪れていた富沢美由喜さん(32)=高崎市=は「ピンクが濃くてきれい。思い出があるこの場所で娘に初めてサクラを見せられた」と笑顔で話した。  公園管理事務所によると、植えられたカワヅザクラは約130本。現在は八分咲きで、今月中旬まで楽しめる。 …[記事全文]

2017年03月06日 【上毛新聞】

蜂須賀桜 色鮮やか 原田家住宅一般公開

蜂須賀桜 色鮮やか 原田家住宅一般公開

  徳島市かちどき橋3の国登録有形文化財「原田家住宅」の一般公開(NPO法人「蜂須賀桜と武家屋敷の会」主催)が4日、始まった。5日まで。入場無料。  原田家住宅は最後の徳島藩主、蜂須賀茂韶が重臣の原田一平に譲り渡したとされる。来場者は歴史ある屋敷の客間や茶室を見学したり、樹齢約250年の蜂須賀桜を見ながら抹茶を味わったりした。  長女の彩葉さん(9)=鳴門教育大付属小学校3年=と訪れた岡本典子さん(37)=徳島市中洲町3、会社員=は「独特のピンクが美しく、春の訪れを実感する」と話した。  住…[記事全文]

2017年03月05日 【徳島新聞】



新聞社桜特集リンク
桜の記憶