47NEWS >  47トピックス >  てくてく桜

てくてく桜特集

47NEWSが桜の風景を綴った。沖縄から北海道までの桜前線を追う。厳選した、春の光景が広がる。

春に戯れ、サクラ満喫 天龍村

春に戯れ、サクラ満喫 天龍村

  長野県下伊那郡天龍村平岡のJR飯田線伊那小沢駅脇のカンザクラにメジロが集い、「チー、チー」と美しい鳴き声を響かせている。8日は、穏やかな日差しを浴びてほころんだ淡いピンクの花から花へとせわしく飛び回る姿が見られた=写真。  メジロはスズメより一回り小さく、頭から背中にかけてが黄緑色。名前の通り、目の周りが白い。この日は細いくちばしで蜜を吸っていた。  カンザクラは同駅ホーム脇の斜面に10本ほどあり、現在6、7分咲き。村振興課によると、花の見頃は今月中旬ごろで、今月いっぱいは楽しめるという。…[記事全文]

2017年03月09日 【信濃毎日新聞】

河津桜、シーズンさきがけ - 佐保川/大和の桜

河津桜、シーズンさきがけ - 佐保川/大和の桜

  サクラの名所として知られる奈良市法蓮町の佐保川で7日、ソメイヨシノよりひと足早く、河津桜(かわづざくら)がほころび、間もなく見ごろに。  同川の堤防沿いには幕末の奈良奉行、川路聖謨(としあきら)ゆかりの「川路桜」など、サクラ並木が大和郡山市との境まで5キロ以上にわたって連なる。  このうち、河津桜はJR関西本線が鉄橋で川を越える少し上流、南側に数本植えられている。ソメイヨシノより色が濃く、花期も長く、しばらくは楽しめそう。 …[記事全文]

2017年03月09日 【奈良新聞】

倉敷川沿いでカワヅザクラ見頃 市民グループ植樹の千本鮮やか

倉敷川沿いでカワヅザクラ見頃 市民グループ植樹の千本鮮やか

  倉敷市有城の福原緑地など倉敷川沿い一帯で、早咲きの桜・カワヅザクラが見頃を迎え、ピンクの花が一帯を鮮やかに彩っている。  倉敷川を桜の名所にしようと、市民グループ「倉敷川千本桜の会」が2006年から08年にかけ、美観地区南側の入船橋から下流約4キロにわたって千本を植えた。  同市によると、2月下旬から徐々に開花。場所によって状況は異なるが、2週間程度楽しめそう。  福原緑地周辺では、カワヅザクラを写真に収める人の姿も。ウオーキングしていた男性(63)と妻(58)=同市=は「花の色がとても…[記事全文]

2017年03月08日 【山陽新聞】

ピンクに実感、春間近 尼崎でカンヒザクラ満開

ピンクに実感、春間近 尼崎でカンヒザクラ満開

  冬型の気圧配置となった8日、兵庫県の阪神地域は日中も気温が上がらず、神戸の最高気温は平年より2・6度低い9・1度と、今月最低を記録。西宮市役所の観測でも8・4度となった。  冷たい風が吹く中、尼崎市東塚口町2の上坂部西公園の片隅では、2本あるカンヒ(寒緋(ひ))ザクラが満開となり、来園者は濃いピンクの花を撮影して春間近を実感していた。  中国南部や台湾など亜熱帯地域が原産。国内では沖縄地方で1~2月に咲く。同公園では2月下旬に開花を始めた。今月いっぱいは花をつけ続ける。  神戸地方気象台…[記事全文]

2017年03月08日 【神戸新聞】

花瓶のサクラ、早くも満開 大館郷土博物館

花瓶のサクラ、早くも満開 大館郷土博物館

  秋田県大館市釈迦内の大館郷土博物館で、玄関ホールに展示しているソメイヨシノやベニヤマザクラがいち早く満開となり、淡いピンクの花が来館者を迎えている。  市内業者が公共施設の敷地などで剪定(せんてい)し、不要になった長さ2メートルほどの枝約30本を同館が引き取った。大きめの花瓶に生けてホールに飾ったところ、先月下旬から咲き始めた。…[記事全文]

2017年03月08日 【秋田魁新報】

春見っけ! 出水南中に早咲きサクラ

春見っけ! 出水南中に早咲きサクラ

  熊本市中央区の出水南中で、早咲きのサクラ「イズノオドリコ(伊豆の踊子)」が、かれんな花を咲かせ、生徒や地域住民の目を楽しませている。  同校や市動植物園「緑の相談所」によると、イズノオドリコは造園師の故石井武夫さんが静岡県の伊豆半島で発見し、命名。2004年に同校が石井さんから譲り受けて校門近くに植樹した。  ソメイヨシノと比べて花弁の色が濃く、約1カ月ほど咲き続けるのが特徴。例年2月下旬に咲き始めるが、今年は少し早く中旬に開花。現在は葉も混じり始めているが、3月中旬ごろまで楽しめるという…[記事全文]

2017年03月08日 【熊本日日新聞】



新聞社桜特集リンク
桜の記憶