47NEWS >  47トピックス >  てくてく桜

てくてく桜特集

47NEWSが桜の風景を綴った。沖縄から北海道までの桜前線を追う。厳選した、春の光景が広がる。

【郡山】五百淵公園『春らんまん』 桜に彩られた園内、春の散策を

【郡山】五百淵公園『春らんまん』 桜に彩られた園内、春の散策を

  郡山市の五百淵公園で、ソメイヨシノなど約170本の桜が見ごろを迎えた。  池の周囲に設けられた遊歩道にはたくさんの市民が訪れ、鳥の鳴き声を聞きながら、園内に咲く美しい桜に見入っている。  訪れた人々は、桜に彩られた園内でゆっくりと春の散策を楽しんでいる。…[記事全文]

2016年04月10日 【福島民友新聞】

【楢葉】「天神岬の桜」見ごろ 避難解除後初の春、静かに満開

【楢葉】「天神岬の桜」見ごろ 避難解除後初の春、静かに満開

  海を望む憩いの場として親しまれてきた楢葉町の天神岬スポーツ公園で桜が見ごろとなった。昨年9月の避難指示解除後最初の春を迎え、住民との再会を待ち望むように満開の花が静かに咲いている。…[記事全文]

2016年04月10日 【福島民友新聞】

【いわき】「磐城平城まつり」開幕 史跡と満開の桜が『競演』

【いわき】「磐城平城まつり」開幕 史跡と満開の桜が『競演』

  「磐城平城さくらまつり」は9日、いわき市平の磐城平城本丸跡地で開幕し、市民が史跡と満開の桜との"競演"を楽しんだ。10、16、17日も開催する。平まちなか復興まちづくり計画推進プロジェクトチームの主催。  同市市制施行50周年記念事業・磐城平城復元「一夜城」プロジェクトの一環。城下町・いわきの歴史文化を全国に発信し、中心市街地活性化につなげようと開催した。  園内では、満開の桜を背景に和太鼓演奏などが披露されたほか、旧仮藩庁内では御家流呈茶会や書道ワークショップ、和楽器演奏会などが開かれ、…[記事全文]

2016年04月10日 【福島民友新聞】

【三春】三春滝桜...幻想のライトアップ 薄紅色の花が鮮やかに浮かぶ

【三春】三春滝桜...幻想のライトアップ 薄紅色の花が鮮やかに浮かぶ

  9日の県内は高気圧に覆われ、おおむね晴れて気温が上昇、新地町で24.1度、福島、相馬両市では23.6度を観測するなど5月下旬から7月上旬の気温を観測した。暖かさに誘われるかのように同日、各地で桜が見ごろを迎えた。  三春町では、国指定天然記念物「三春滝桜」の夜間ライトアップが始まった。樹齢1000年を超えるとされる巨木や幹、枝先の薄紅色の花が照らされ、荘厳な姿が浮かび上がった。  町と三春まちづくり公社によると、滝桜は9日午前で八分咲きだったが、日中の陽気で開花が進みほぼ満開となった。天候…[記事全文]

2016年04月10日 【福島民友新聞】

一足早く見頃、勢至公園で観桜会 県内トップ、10日から

一足早く見頃、勢至公園で観桜会 県内トップ、10日から

  秋田県にかほ市金浦の勢至公園で10日、県内のトップを切って観桜会が開幕する。公園内の桜はピンクに色づき始めたところもあり、9日は家族連れらが続々と訪れ、一足早く花見を楽しんだ。…[記事全文]

2016年04月09日 【秋田魁新報】

古道彩る秀衡桜 田辺市中辺路町野中

古道彩る秀衡桜 田辺市中辺路町野中

  和歌山県田辺市中辺路町野中、継桜王子社の近くの熊野古道沿いにある「秀衡桜(ひでひらざくら)」が満開となり、古道を歩く人たちを楽しませている。  平安末期の奥州の武将、藤原秀衡が妻と熊野詣でをした際、生まれた子の無事を祈り、サクラを挿し木したものが始まりだと伝えられている。4代目の木が2011年11月に幹内部の腐食で折れたが、その根元付近から伸びて成長した5代目が高さ約8メートルになり、古道を覆うように枝を広げている。  地域住民(73)によると、数日前に満開になった。花を散らし始めているが…[記事全文]

2016年04月09日 【紀伊民報】



新聞社桜特集リンク
桜の記憶