47NEWS >  47トピックス >  てくてく桜

てくてく桜特集

47NEWSが桜の風景を綴った。沖縄から北海道までの桜前線を追う。厳選した、春の光景が広がる。

【郡山】笹原川の桜並木が見ごろ 鮮やかに咲き誇る

【郡山】笹原川の桜並木が見ごろ 鮮やかに咲き誇る

  郡山市安積町の笹原川の桜並木が見ごろを迎えた。市民らが笹原川沿いで、鮮やかに咲き誇る美しい桜を鑑賞し、心を和ませている。  笹原川沿いに咲いたソメイヨシノや、シダレザクラなどの桜並木は、長年にわたり地元住民らが植栽し、花見の名所となっている。  訪れた人々は、小鳥のさえずりに耳を楽しませながら、川沿いに映える春の風物詩に目を癒やしている。…[記事全文]

2016年04月12日 【福島民友新聞】

【会津若松】大河ドラマの映像にも使われた「石部桜」が見ごろ

【会津若松】大河ドラマの映像にも使われた「石部桜」が見ごろ

  会津若松市一箕町にある会津五桜のひとつ「石部桜」が9日、見ごろを迎え、大勢の観光客を魅了している。  樹齢約650年で中世会津の領主葦名氏の重臣、石部治部大輔の庭にあったと伝えられる。大河ドラマ「八重の桜」のオープニング映像にも使われ、さらに知られるようになった。  アクセスは同市飯盛山の市営駐車場から北に徒歩約15分、滝沢浄水場近く。…[記事全文]

2016年04月12日 【福島民友新聞】

二社一寺彩るピンクの花 樹齢360年のシダレザクラ満開 日光

二社一寺彩るピンクの花 樹齢360年のシダレザクラ満開 日光

  【日光】桜前線が北上する中、二社一寺周辺に点在する桜が見頃を迎え始めた。稲荷町1丁目、高田雄康(たかだたけやす)さん(71)方のシダレザクラ(イトザクラ)は満開となり、青空が広った11日も観光客が次々と訪れた。  推定樹齢360年で、高さ13メートル。幹は塀から突き出し、ピンク色の花が路地を傘のように覆う。高田さんは「ここ数日で一気に咲いた。弥生祭の終わりごろまで楽しめるのでは」と話していた。(問)日光桜遊(おうゆう)会070・1524・2610。…[記事全文]

2016年04月12日 【下野新聞】

北上も桜開花宣言 昨年より1日遅く

北上も桜開花宣言 昨年より1日遅く

  北上市の北上さくらの会(伊藤彬会長)は11日、桜の開花を宣言した。1990年に開花宣言木の指定を始めてから、例年より8日、過去3番目に早く、昨年より1日遅い。  市役所本庁舎の基準木ソメイヨシノ前で式典を行い、伊藤会長が開花を宣言。かれんな約30輪が風に揺れた。…[記事全文]

2016年04月11日 【岩手日報】

黄緑のサクラ「御衣黄」 人吉市で見ごろに

黄緑のサクラ「御衣黄」 人吉市で見ごろに

  人吉市の温泉旅館や人吉署で、八重桜の「御衣黄[ぎょいこう]」が見頃を迎えている。1週間ほどは楽しめそうだという。  御衣黄は黄緑色の花びらが特徴。時間がたつにつれて花の中心部が紅色に染まっていくという。サクラの中では開花時期が遅い。  同市矢黒町の温泉旅館「石亭の館」には、敷地内に6本植えてある。白花のオオシマザクラも2本あり、いずれも満開。取締役の川越公弘さん(70)は「ソメイヨシノは雨で散ってしまったが、遅咲きのサクラはまだ楽しむことができる。自由に見に来てほしい」。孫の和歌乃さん(西…[記事全文]

2016年04月11日 【熊本日日新聞】

ウコンザクラ満開 静岡・県護国神社

ウコンザクラ満開 静岡・県護国神社

  淡黄色の大ぶりな八重の花を咲かせる「ウコンザクラ」が、静岡市葵区柚木の県護国神社で見頃を迎えている。  ウコンザクラはサトザクラの一種。サクラの中で唯一、黄色い花を付けることで知られ、花びらがショウガ科のウコンの根で作った染料の色に似ていることからこの名が付いたといわれている。  社務所前に植栽された高さ10メートルほどの木は、5日から開花し始めた。適度に雨が降った上、暖かい日が続き、9日には一気に満開を迎えた。神社によると、今月中旬まで楽しめそう。…[記事全文]

2016年04月11日 【静岡新聞】



新聞社桜特集リンク
桜の記憶