47NEWS >  47トピックス >  てくてく桜

てくてく桜特集

47NEWSが桜の風景を綴った。沖縄から北海道までの桜前線を追う。厳選した、春の光景が広がる。

岡山さくらカーニバル開幕 4月9日まで旭川河川敷

岡山さくらカーニバル開幕 4月9日まで旭川河川敷

  「2017岡山さくらカーニバル」(岡山県、岡山市、岡山商工会議所、岡山青年会議所、山陽放送、岡山放送、テレビせとうち、山陽新聞社でつくる実行委主催)が31日、岡山市・後楽園東側の旭川河川敷で開幕した。夜桜のライトアップや多彩な屋台がお花見ムードを盛り上げる。4月9日まで。  会場の桜は今年で植樹から60年。蓬莱橋―相生橋間約1・3キロとその周辺に地域住民らが植え、大切に守ってきたソメイヨシノ約250本が桃色のつぼみを膨らませ、一部は咲き始めている。初日は午前中から雨が降りだし、人出は少ないも…[記事全文]

2017年03月31日 【山陽新聞】

長崎でソメイヨシノが開花

長崎でソメイヨシノが開花

  長崎地方気象台は30日、長崎市で桜(ソメイヨシノ)が開花したと発表した。平年より6日、昨年より8日遅いという。  同市南山手町の同気象台敷地内にある標本木の花が5輪以上咲くと「開花」となる。8割以上咲く「満開」は4月6~9日ごろになる見込み。  同気象台によると、3月後半は平均気温が平年より1~2度低い日が続いたため、開花が遅れたとみられるという。  30日の県内は天候に恵まれ気温が上昇。各地の最高気温は▽大村20・6度▽島原19・7度▽佐世保19・4度▽長崎18・9度▽厳原17・9度-…[記事全文]

2017年03月31日 【長崎新聞】

県内でも桜が開花 平年より6日遅め

県内でも桜が開花 平年より6日遅め

  佐賀地方気象台は30日、佐賀市で桜のソメイヨシノが開花したと宣言した。平年比で6日、昨年と比べて7日遅かった。冬の初めに暖かい日が続いたため、花芽が育つのが遅れたことなどが影響した。来月上旬に満開を迎える見込みという。佐賀市神園4丁目の神野公園では家族連れが花見を楽しんだ。孫と訪れた佐賀市開成6丁目の主婦(68)は「満開が楽しみです」と声を弾ませた。…[記事全文]

2017年03月31日 【西日本新聞】

灯籠照らす小道で夜桜 東松山

灯籠照らす小道で夜桜 東松山

  小道を照らす灯籠とライトアップされた桜が競演する「東松山夢灯路(ゆめとうろ)」が四月一、二の両日、東松山市の上沼公園と下沼公園周辺で開かれる。  旧商店街や路地を活性化させようと、市民有志が発案。自治会、商店会、NPO法人などが協力して今年で十三回目。二日間で五万人が訪れる同市の一大イベントに育った。  東松山駅東口から上沼公園までの約一・二キロに千五百個の灯籠が並べられ、幻想的な小道を散策しながら、夜桜見物ができる。見物ルートの各所で音楽ライブやダンスフェス(二日)、ご当地グルメの販売な…[記事全文]

2017年03月31日 【東京新聞】

しだれ桜の試験点灯 秩父・清雲寺

しだれ桜の試験点灯 秩父・清雲寺

   秩父市荒川上田野の清雲寺境内で二十九日夜、しだれ桜の試験点灯があった。市や寺の関係者らがつぼみを付けた桜の木を見つめながら、光源の位置や向きを確かめていた。  清雲寺のしだれ桜は約三十本。エドヒガンとチチブベニシダレが植えられている。中でも樹齢六百年ほどの県天然記念物のエドヒガンは、高さ七メートル、幹回り二・七メートルの堂々とした風格で知られる。  市荒川総合支所によると、今年は寒い日が続いたため開花は例年より遅め。チチブベニシダレの開花は、通常エドヒガンの一週間ほど後となるが、今年は…[記事全文]

2017年03月31日 【東京新聞】

「鵜飼桜」が見頃 今季のアユ「豊漁」期待

「鵜飼桜」が見頃 今季のアユ「豊漁」期待

  岐阜護国神社(岐阜市御手洗)にある「鵜飼桜」が三十日、暖かな陽気に誘われ見頃を迎えた。  鵜飼桜は高さ八メートル、樹齢百年を超えるエドヒガンの早咲き種。花の咲き具合で鵜飼いアユ漁の豊凶を占う目安になるといわれる。  同神社によると二十五日に開花。三十日朝には五分咲きだったが、午後には最高気温が一九・二度と四月中旬並みとなり一気に見頃となった。禰宜(ねぎ)の杉本純一さん(39)は「例年より一週間ほど遅いが、花の付きはよい。豊漁が期待できそう。珍しく境内のソメイヨシノと時期が重なり桜が楽しめる…[記事全文]

2017年03月31日 【中日新聞】



新聞社桜特集リンク
桜の記憶