47NEWS >  47トピックス >  てくてく桜

てくてく桜特集

47NEWSが桜の風景を綴った。沖縄から北海道までの桜前線を追う。厳選した、春の光景が広がる。

熊本城の行幸坂、期日限定で一部開放

熊本城の行幸坂、期日限定で一部開放

  桜並木が続く熊本城の行幸[みゆき]坂の一部開放が25日、始まった。ソメイヨシノはまだ開花していないものの、通行する市民らは、緑の鉄骨に覆われた飯田丸五階櫓[やぐら]を間近に眺め、写真に納めていた。  行幸坂は熊本地震の影響で路面両脇に亀裂が入り、立ち入りが規制されていた。今回の開放は花見シーズンに合わせた措置で4日間のみ。区間は坂の入り口から、城彩苑の北側に曲がる約200メートルで、中央部に通行帯を設けている。  夫婦で訪れた熊本市北区清水亀井町の会社員、藤井義昭さん(59)は「桜が咲いて…[記事全文]

2017年03月25日 【熊本日日新聞】

春の日浴び、輝く河津桜 飯田・遠山川沿いに200本

春の日浴び、輝く河津桜 飯田・遠山川沿いに200本

  長野県飯田市南信濃和田の遠山川右岸に植わる約200本の河津(かわづ)桜が咲き始めた。24日は春の柔らかな日差しを浴びた花びらがピンクに輝き、訪れた人たちの目を楽しませた。  遠山郷観光協会によると、今年は例年より数日遅い21日に標準木が開花。見頃は今月末になる見通しだ。下伊那郡天龍村神原から友人と2人で桜を見に訪れた島崎君子さん(77)は「青空にピンクが映えてきれい。春がくるのを心待ちにしていた」と、花を見上げながら散策を楽しんでいた。  対岸にはソメイヨシノも約70本植わる。河津桜が満開…[記事全文]

2017年03月25日 【信濃毎日新聞】

宇和島で桜開花宣言 ようやく春到来

宇和島で桜開花宣言 ようやく春到来

  愛媛県宇和島市は25日、ソメイヨシノの開花を宣言した。昨年より5日、例年より3日遅かった。市は1953年以降、11回の日本一早い記録を持っているが、今年は東京都が既に開花宣言しており、2015年以来のトップを逃した。  05年に気象庁の宇和島測候所が無人化されたのを受け、市は06年から気象庁OBを観測員に委嘱。丸山公園の標本木を使い、独自に開花宣言している。…[記事全文]

2017年03月25日 【愛媛新聞】

「さくらまっぷ」2000枚配布中 小倉城周辺など21種、423本

「さくらまっぷ」2000枚配布中 小倉城周辺など21種、423本

  小倉北区の小倉城周辺と紫川河口一帯の桜スポットを紹介する「こくらさくらまっぷ」の最新版を北九州市が2千枚作成し、小倉城や同区役所などで無料配布している。初めて作成した昨年度は300枚用意したが、予想を上回る人気で1200枚増刷したという。市緑政課は「珍しい桜をたどりながら、街を散策してほしい」としている。  マップはA3判。ピンク色の印で枝垂(しだ)れ桜、河津桜など21種類、計423本の桜の場所を示していてソメイヨシノ以外、河津桜なら「河」というように品種名から取った一文字も一緒に記した。品…[記事全文]

2017年03月24日 【西日本新聞】

ポカポカ陽気が春呼んだ ソメイヨシノが館林で開花

ポカポカ陽気が春呼んだ ソメイヨシノが館林で開花

  群馬県の館林市観光協会は22日、基準木のソメイヨシノ(尾曳町)で5輪の花が咲いたことを確認し、サクラの開花を発表した。控えめな花びらとふっくらしたつぼみが、散歩中の家族連れに春を知らせた。  昨年と同日の開花で、平年よりやや早い。協会は18日からの連休で暖かい日が続いた影響としている。1週間から10日後に見頃を迎える見込み。  茂林寺(堀工町)のシダレザクラも22日、開花が確認された。 …[記事全文]

2017年03月24日 【上毛新聞】

開花宣言デビューへ - 気象台の「標本木」変更/庁舎移転で

開花宣言デビューへ - 気象台の「標本木」変更/庁舎移転で

  県内でも、もう間もなくサクラ(ソメイヨシノ)が咲く時期。そんな中、今年は奈良地方気象台の庁舎移転に伴い、開花宣言のための観測に用いる「標本木」が変更され、話題を呼んでいる。  同地方気象台は、今月9日に奈良市半田開町から同市西紀寺町へ移転。生物季節観測に用いる標本木なども多くが変更された… …[記事全文]

2017年03月24日 【奈良新聞】



新聞社桜特集リンク
桜の記憶