47NEWS >  47トピックス >  てくてく桜

てくてく桜特集

47NEWSが桜の風景を綴った。沖縄から北海道までの桜前線を追う。厳選した、春の光景が広がる。

『夜の森』に復興の光 福島・富岡、7年ぶり桜並木ライトアップ

『夜の森』に復興の光 福島・富岡、7年ぶり桜並木ライトアップ

  原発事故による避難指示が帰還困難区域を除いて解除された富岡町で1日、桜の名所として知られる夜の森地区の桜並木のライトアップが始まった。震災と原発事故後は休止されており、7年ぶりに再開された。  富岡二中周辺やJR夜ノ森駅西側にある約150本の桜が電灯で照らされ、開花を待つ桜並木のシルエットが闇夜に浮かび上がった。枝の所々にほんのりとピンク色に染まったつぼみが見え始めており、今後の天候次第だが、10日前後には見ごろとなりそうだ。  「見る人の心を引き付けてやまない桜もつぼみから始まる。これか…[記事全文]

2017年04月02日 【福島民友新聞】

淡墨桜が間もなく満開 下野・天平の丘公園

 淡墨桜が間もなく満開 下野・天平の丘公園

  【下野】県内では珍しい淡墨桜(うすずみざくら)が国分寺の天平の丘公園で見頃を迎え、来園者の目を楽しませている。市観光協会によると、現在八分咲きで、3日ごろにも満開を迎えるという。  淡墨桜はヒガンザクラの一種。白っぽい花びらが散り始めに淡く墨掛かった色になるのが特徴。この淡墨桜は、岐阜県根尾村(現本巣市)にある国の天然記念物指定の淡墨桜の実生苗(みしょうなえ)を1985年に譲り受け、88年に開花した。園内の国分尼寺跡周辺に大小9本が植えられている。…[記事全文]

2017年04月01日 【下野新聞】

桜やっと開花 イベント関係者やきもき 見頃は来週末?

桜やっと開花 イベント関係者やきもき 見頃は来週末?

  長崎市の長崎地方気象台は30日、桜(ソメイヨシノ)の開花を宣言した。昨年より8日遅く、佐世保市内の桜の名所では多くの樹木でつぼみの状態が目立つ。数日は気温が低く、曇りがちの予報のため今週末に期待通りの花見を楽しむのは難しそう。見頃は来週末になる見込みだ。“チラ咲き”の桜にイベント関係者らはやきもきし、市民も鮮やかに咲き誇る桜の風景を心待ちにしている。  気象台によると、30日は長崎市で最高気温が18・9度まで上がり、午前中に敷地内にある標本木で5輪の花が咲いているのを確認。開花の遅れは3月の…[記事全文]

2017年03月31日 【西日本新聞】

佐賀県内で桜開花 昨年より7日遅く

佐賀県内で桜開花 昨年より7日遅く

  佐賀地方気象台は30日、桜(ソメイヨシノ)の標本木が開花したと発表した。平年より6日遅く、前年と比べても7日遅かった。1週間から10日後に満開になるとみている。  県内は高気圧の影響で春の陽気に包まれ、佐賀市では最高気温が21.1度まで上昇した。約1200本の桜並木が続く徐福サイクルロードでは、ちらほらと咲いた花を見上げる人の姿が目立った。家族4人で散歩をしていた牟田夢梨ちゃん(7)は、昨年の満開だったころを思い浮かべ、「今年もいっぱい咲いてほしい」と期待していた。  気象台は、開花が遅れ…[記事全文]

2017年03月31日 【佐賀新聞】

京都で桜の開花宣言 平年より3日遅れ

京都で桜の開花宣言 平年より3日遅れ

  京都地方気象台は31日、京都市内で桜(ソメイヨシノ)が開花したと発表した。平年より3日遅く、昨年より8日遅い開花宣言となった。  同気象台によると、今冬は3月中旬ごろまでは平年並みの気温の日が多かったが、それ以降は冷え込みが続いたためつぼみの成長が足踏みしたことが、例年より開花が遅れた理由とみている。  この日はあいにくの雨模様となったが、標本木のある中京区の二条城では、前日の陽気のなごりでつぼみがほころんだ。同気象台の職員が午前10時に訪れ、開花の基準となる5輪より多い6輪の花が咲いてい…[記事全文]

2017年03月31日 【京都新聞】

陽気に誘われ桜ほころぶ 松川べり

陽気に誘われ桜ほころぶ 松川べり

  暖かい空気が北陸上空を覆い、30日の県内は各地で青空が広がった。富山地方気象台によると、最高気温は富山18・8度、高岡(伏木)18・2度など県内全10観測地点中9地点でことし最高を記録。4月中下旬並みの暖かさとなり、富山市の松川べりではソメイヨシノがほころび始めた。  同市七軒町の松川橋付近では春めいた陽気の下、ソメイヨシノの淡いピンク色の花びらが風に揺れていた。日本気象協会の開花予想では、富山市は開花が4日。標本木のある気象台の桜はまだ咲いておらず開花宣言は出ていない。  31日は低気圧…[記事全文]

2017年03月31日 【北日本新聞】



新聞社桜特集リンク
桜の記憶