47NEWS >  47トピックス >  てくてく桜

てくてく桜特集

47NEWSが桜の風景を綴った。沖縄から北海道までの桜前線を追う。厳選した、春の光景が広がる。

淡い緑の桜 満開に 新潟江南区・北山池公園の御衣黄

淡い緑の桜 満開に 新潟江南区・北山池公園の御衣黄

  新潟市江南区の北山池公園で、淡い緑の花を咲かせる八重桜の一種「御衣黄(ぎょいこう)」が見頃を迎えている。3本がピンクの八重桜と並んで咲き誇り、訪れる人々は色の対比を楽しんでいる。  北山池公園の御衣黄は20年以上前に、ソメイヨシノとともに植えられたという。御衣黄は花が満開になった後、徐々に赤い筋が浮き上がる。公園を管理する区建設課によると、見頃は5月初旬まで。  27日は散歩中の人などが足を止め、花の美しさをカメラに収めて堪能していた。東区の無職男性(73)は「いいタイミングで見られて良か…[記事全文]

2017年04月28日 【新潟日報】

【磐梯】〔ふくしま・さくらだより〕史跡慧日寺跡の木ざし桜 樹齢800年

【磐梯】〔ふくしま・さくらだより〕史跡慧日寺跡の木ざし桜 樹齢800年

  史跡慧日寺跡の北側にある、僧・乗丹坊が挿し木したと伝えられ、樹齢約800年と推定される桜。稲の種もみをまく時期に開花するため、種まき桜とも呼ばれる。週末にかけて満開を迎えるという。  【アクセス】磐越道磐梯河東インターチェンジから車で約5分・JR磐梯町駅から徒歩約15分…[記事全文]

2017年04月28日 【福島民友新聞】

桜の下で(4)横手市本町・住宅街の公園

桜の下で(4)横手市本町・住宅街の公園

  横手市本町の住宅街にある公園「原っぱモトマチ」の桜は満開。はす向かいに住む泉田和子さん(72)は、30日に予定されている町内会の花見を楽しみにしている。  50年前に稲川町(現・湯沢市)から嫁いできて、町内会の花見に参加したのは、昨春が初めてだった。その5カ月前、2015年11月に74歳だった夫の守正さんを亡くしていた。  21歳で見合い結婚。「私の一目ぼれだったのよ」。2人で長年、建具店「泉田木工所」を切り盛りしてきた。職人かたぎで実直な守正さんの仕事に対し周囲の信頼は厚く、着実に事業規…[記事全文]

2017年04月28日 【秋田魁新報】

GWに間に合った 札幌でサクラ開花

GWに間に合った 札幌でサクラ開花

  札幌管区気象台は28日、札幌市でサクラが開花したと宣言した。平年より5日早く、昨年より3日遅い春の便りとなった。  28日午前、同市中央区の気象台敷地内にある標本木のソメイヨシノが6輪、咲いているのを職員が確認した。3、4日後に満開となる見込みという。…[記事全文]

2017年04月28日 【北海道新聞】

【田村】〔ふくしま・さくらだより〕永泉寺 三春の滝桜と『姉妹樹』

【田村】〔ふくしま・さくらだより〕永泉寺 三春の滝桜と『姉妹樹』

  三春の滝桜と姉妹樹といわれる樹齢約400年の大木。根回り4.1メートル、枝張り16メートル、高さ12メートルの紅枝垂れ桜。県の天然記念物に指定されている。国道349号からでも見えるので見つけやすい。  【アクセス】磐越道船引三春インターチェンジ(IC)から車で20分、小野ICから車で15分。JR磐越東線大越駅からタクシーで15分…[記事全文]

2017年04月27日 【福島民友新聞】

漆黒のボディー輝く 展示SL塗り直し、会津喜多方LCに感謝状

漆黒のボディー輝く 展示SL塗り直し、会津喜多方LCに感謝状

  会津喜多方ライオンズクラブ(LC)は、福島県喜多方市の日中線記念自転車歩行者道しだれ桜並木に展示されているSLの色を塗り直した。同市から26日までに、感謝状を受けた。  同LCは1975(昭和50)年に、創立10周年記念事業として旧国鉄日中線を走っていた同SLを現在の場所に展示した。その後は、しだれ桜並木道の中で、記念撮影スポットとして定着している。  展示から40年以上経過し色あせてきたSLを昨年、同LCがライオンズクラブ国際協会100周年のレガシープロジェクトとして、黒く塗り直した。 …[記事全文]

2017年04月27日 【福島民友新聞】



新聞社桜特集リンク
桜の記憶