47NEWS >  47トピックス >  てくてく桜

てくてく桜特集

47NEWSが桜の風景を綴った。沖縄から北海道までの桜前線を追う。厳選した、春の光景が広がる。

沈む太陽、浮かぶ巨木 三春滝桜 試験点灯

沈む太陽、浮かぶ巨木 三春滝桜 試験点灯

  三春町にある国指定天然記念物「三春滝桜」で29日、夜間ライトアップの試験点灯が行われた。太陽が沈むと日本三大桜に数えられる巨木が闇夜に浮かび上がった。  町の担当者らが午後6時から、滝桜を囲んだ発光ダイオード(LED)投光器20基をともし、光の角度を調整した。  日本気象協会によると、29日現在、三春滝桜の開花予想日は4月16日。夜間ライトアップは同月8日から行う予定(開花状況により変更あり)。時間は午後6時から午後9時まで。…[記事全文]

2017年03月30日 【福島民報】

熊野古道に桜咲く 名所のウオークも

熊野古道に桜咲く 名所のウオークも

  和歌山県田辺市本宮町で桜が咲き始め、熊野古道を歩く人らを楽しませている。熊野本宮語り部の会では今年、桜の名所として知られる七越峯などを歩く「さくらウオーク」を初企画。4月10日まで毎日開催する。 …[記事全文]

2017年03月30日 【紀伊民報】

一新の千鳥ケ淵でお花見を 水抜き廃棄物回収「かいぼり」実施

一新の千鳥ケ淵でお花見を 水抜き廃棄物回収「かいぼり」実施

  皇居外苑の千鳥ケ淵沿いで、恒例の「千代田のさくらまつり」(千代田区など主催)が開かれている。千鳥ケ淵は水質改善のために一時的に水を抜く「かいぼり」が行われ、水底に沈んでいた多くの廃棄物が回収された。一新されたお堀の水面には、花見客がボートで繰り出している。  かいぼりは、区営ボート場の休み(昨年十二月~二月)に合わせ、環境省皇居外苑管理事務所が実施。昨年十二月から水門を操作して水を抜き、今年一月末からは浄化装置を通して、水量を元に戻す作業に入った。  この間、堀にたまった泥や生物を調査した…[記事全文]

2017年03月30日 【東京新聞】

サクラのトンネル見納め 芦屋市、半数以上伐採へ

サクラのトンネル見納め 芦屋市、半数以上伐採へ

  約110本のサクラのトンネルが続く兵庫県芦屋市朝日ケ丘町の「さくら参道」のソメイヨシノが、半数以上伐採されることが決まった。樹木医の診断では約9割が老朽化しており、倒木の恐れがあるため。市によると、お花見シーズンが終わり次第着手し、2019年度以降、一部をヨウコウザクラに植え替える予定という。  さくら参道は芦屋霊園前から約650メートルにわたって延びる市道。両脇に植えられたサクラが見事なトンネルを作ることから1999年、愛称を公募し、「さくら参道」の名が付けられた。  サクラはいずれも樹…[記事全文]

2017年03月30日 【神戸新聞】

31日から岡山さくらカーニバル 後楽園東側の旭川河川敷

31日から岡山さくらカーニバル 後楽園東側の旭川河川敷

  岡山の春を彩る「2017岡山さくらカーニバル」(岡山県、岡山市、岡山商工会議所、岡山青年会議所、山陽放送、岡山放送、テレビせとうち、山陽新聞社でつくる実行委主催)が31日~4月9日、同市・後楽園東側の旭川河川敷で開かれる。  旭川に架かる蓬莱橋―相生橋間約1・3キロと周辺にはソメイヨシノ約250本があり、県内を代表する桜の名所の一つ。ちょうちん約500個、ぼんぼり約150基、投光器80基の設置を終えており、期間中の日没から午後9時まで桜をライトアップする。飲食などの屋台約50店、幼児向けのプ…[記事全文]

2017年03月30日 【山陽新聞】

お待たせ、山口に桜色の便り

お待たせ、山口に桜色の便り

  下関地方気象台は29日、下関市竹崎町のソメイヨシノの標本木が開花したと発表した。平年より2日、昨年より1日遅い。同気象台は「3月に入り平年より肌寒い日が続いた。ここ数日は気温が上がり、開花を促している」としている。…[記事全文]

2017年03月30日 【中国新聞】



新聞社桜特集リンク
桜の記憶