47NEWS >  47トピックス >  てくてく桜

てくてく桜特集

47NEWSが桜の風景を綴った。沖縄から北海道までの桜前線を追う。厳選した、春の光景が広がる。

桜と演奏のコラボ、春の響き 京都で絆コンサート

桜と演奏のコラボ、春の響き 京都で絆コンサート

  京都府向日市上植野町の噴水公園で2日、西向日桜まつり「絆コンサート」があった。勝山中吹奏学部や市民のグループなどが春やふるさとにちなんだ曲を演奏し、来場者たちが聞き入った。  公園のある西向日地区は桜の名所で親しまれる。まつりは地区住民らの「西向日の桜並木と景観を保存する会」が毎年この時期に催している。  最初に片岡長久会長(77)があいさつした。同部の生徒が「故郷」など4曲を演奏すると、家族連れらが歌詞を口ずさんでいた。市職員らのユニットも人気グループ「いきものがかり」の曲「SAKURA…[記事全文]

2017年04月03日 【京都新聞】

静岡市で桜開花 平年より8日遅く

静岡市で桜開花 平年より8日遅く

  静岡地方気象台は二日、静岡市で桜(ソメイヨシノ)が開花したと発表した。三月の平均気温が九・三度で平年より一度低かったため、開花は平年より八日、昨年より六日遅かった。四月に入ってからの開花は一九九五年以来の二十二年ぶりで、一九五三年の統計開始以来、過去五番目に遅い記録となった。  気象台によると、職員が二日午前十時ごろ、同市駿河区の敷地内にある標本木で、五輪の花が咲いているのを確認した。一週間ほどで満開になり、見ごろは今月上旬から中旬まで続く見込み。  浜松市西区舘山寺町のはままつフラワーパ…[記事全文]

2017年04月03日 【中日新聞】

春 ようやく 前橋でサクラ開花 平年より2日遅く

春 ようやく 前橋でサクラ開花 平年より2日遅く

  前橋地方気象台は2日、前橋のサクラの開花を宣言した。敷地内の標本木(ソメイヨシノ)が5、6輪咲いたのを確認した。  平年より2日、昨年より10日それぞれ遅かった。 …[記事全文]

2017年04月03日 【上毛新聞】

宇都宮でサクラ開花 宇都宮地方気象台発表

宇都宮でサクラ開花 宇都宮地方気象台発表

  宇都宮地方気象台は3日、宇都宮でサクラ(ソメイヨシノ)の開花を観測したと発表した。平年より2日遅く、昨年より6日遅い。  宇都宮市明保野町にある「標本木」に、5~6輪以上咲いた状態となっている。…[記事全文]

2017年04月03日 【下野新聞】

『夜の森』に復興の光 福島・富岡、7年ぶり桜並木ライトアップ

『夜の森』に復興の光 福島・富岡、7年ぶり桜並木ライトアップ

  原発事故による避難指示が帰還困難区域を除いて解除された富岡町で1日、桜の名所として知られる夜の森地区の桜並木のライトアップが始まった。震災と原発事故後は休止されており、7年ぶりに再開された。  富岡二中周辺やJR夜ノ森駅西側にある約150本の桜が電灯で照らされ、開花を待つ桜並木のシルエットが闇夜に浮かび上がった。枝の所々にほんのりとピンク色に染まったつぼみが見え始めており、今後の天候次第だが、10日前後には見ごろとなりそうだ。  「見る人の心を引き付けてやまない桜もつぼみから始まる。これか…[記事全文]

2017年04月02日 【福島民友新聞】

淡墨桜が間もなく満開 下野・天平の丘公園

 淡墨桜が間もなく満開 下野・天平の丘公園

  【下野】県内では珍しい淡墨桜(うすずみざくら)が国分寺の天平の丘公園で見頃を迎え、来園者の目を楽しませている。市観光協会によると、現在八分咲きで、3日ごろにも満開を迎えるという。  淡墨桜はヒガンザクラの一種。白っぽい花びらが散り始めに淡く墨掛かった色になるのが特徴。この淡墨桜は、岐阜県根尾村(現本巣市)にある国の天然記念物指定の淡墨桜の実生苗(みしょうなえ)を1985年に譲り受け、88年に開花した。園内の国分尼寺跡周辺に大小9本が植えられている。…[記事全文]

2017年04月01日 【下野新聞】



新聞社桜特集リンク
桜の記憶