47NEWS >  47トピックス >  てくてく桜

てくてく桜特集

47NEWSが桜の風景を綴った。沖縄から北海道までの桜前線を追う。厳選した、春の光景が広がる。

【棚倉】「棚倉城まつり」16、17日開催 夜間ライトアップ、6月末まで

 【棚倉】「棚倉城まつり」16、17日開催 夜間ライトアップ、6月末まで

  棚倉町の春の一大イベント「十万石棚倉城まつり」は16、17の両日、同町の棚倉城跡(亀ケ城公園)などで開かれる。同城跡の桜は葉桜に変わりつつあるが、美しく咲き続けている木もあり、まつり当日は花見も楽しめそうだ。  まつりの呼び物の武者行列は16日午前10時40分、相馬中村藩古式砲術演武は同日午後1時30分、同2時30分から行われる。16日はこのほか小学校鼓笛パレード(午前11時~)、塙工高和太鼓部による演奏(午後4時~)も行われる。17日は棚倉城YOSAKOIまつり(午前10時30分~)、お国…[記事全文]

2016年04月15日 【福島民友新聞】

【郡山】『百花繚乱の春』堪能 四季の里・緑水苑、桜やレンギョウなど

【郡山】『百花繚乱の春』堪能 四季の里・緑水苑、桜やレンギョウなど

  ソメイヨシノやシダレザクラなどが見ごろを迎えた郡山、本宮両市にまたがる「四季の里 緑水苑」で13日に開かれた内覧会では、出席者が桜やレンギョウなどが咲き競う春を堪能した。  両市などから約80人の関係者が参加し、ガイドの案内を受けながら、園内をゆったりと散策。完成したばかりの建屋「四阿(あずまや)」も見て回った。  佐久間繁社長が「季節の花々を通して、アフターデスティネーションキャンペーン(DC)を盛り上げていきたい」とあいさつ。来賓の佐藤憲保県議、有馬賢一郡山信用金庫理事長、馬場有浪江町…[記事全文]

2016年04月15日 【福島民友新聞】

【郡山】「ふれあい桜」見ごろ 藤田川沿い、500本のソメイヨシノ

【郡山】「ふれあい桜」見ごろ 藤田川沿い、500本のソメイヨシノ

  郡山市喜久田町の藤田川沿いの「ふれあい桜」が見ごろを迎えている。  JR喜久田駅のそばにある藤田川堀之内橋を中心に、両岸3キロにわたり、春を告げる約500本のソメイヨシノが美しく咲いている。  ふれあい桜は、1959(昭和34)年、現在の天皇陛下のご成婚を記念して地元住民が植樹した。市民は、美しい自然に目を楽しませ、藤田川のせせらぎと野鳥のさえずりを聞きながら、心を和ませている。…[記事全文]

2016年04月15日 【福島民友新聞】

【郡山】「さいはら桜」光の演出 静御前にまつわる伝説に由来

【郡山】「さいはら桜」光の演出 静御前にまつわる伝説に由来

  郡山市の大槻東地域の活性化に努めるふるさとつくり隊は、同市静町の静御前堂北側で「桜まつり」を開き、静御前にまつわる伝説に由来する「さいはら桜」のライトアップを行った。  地域住民らに同町の素晴らしい桜の存在を知ってもらい、町の良さを伝えようと毎年実施し5度目。訪れた人々が、ライトに照らされ美しくたたずむ樹齢約350年の巨木に見入り、写真を撮るなどして、さいはら桜を楽しんだ。  さいはら桜は、源義経の死を知らされ絶望した義経の恋人静御前と共に、大槻町の美女池に身を投じたといわれる静御前の乳母…[記事全文]

2016年04月15日 【福島民友新聞】

【郡山】ミニSL乗って笑顔 パナソニックデバイス、満開の桜並木開放

【郡山】ミニSL乗って笑顔 パナソニックデバイス、満開の桜並木開放

  郡山市のパナソニックデバイスマテリアル郡山は、同市の同社敷地内を一般開放し、地域住民に満開となった桜並木を披露した。パナソニックデバイス労働組合郡山支部の協賛。  同社の地域貢献活動の一環として毎年行われ、14度目。敷地内には約250本の桜の木が植えられており、訪れた多くの人々が、桜を背景に写真を撮るなどしながら春の訪れを楽しんでいた。今回初の試みとしてミニSLもお目見えした。子どもたちはミニSLに乗って笑顔で手を振り、イベントを満喫した。  先着1450人には花見団子が振る舞われ、来場者…[記事全文]

2016年04月15日 【福島民友新聞】

【喜多方】幻想的な世界...光のカーテン 日本最大級のシダレザクラ並木

【喜多方】幻想的な世界...光のカーテン 日本最大級のシダレザクラ並木

  喜多方市の日中線記念自転車歩行者道に整備された日本最大級のシダレザクラ並木が見ごろを迎えた。ピンク色に染まった「花のカーテン」が、来場者を幻想的な世界に引き込んでいる。  日中線はJR喜多方駅と旧熱塩駅を結び、1984(昭和59)年に廃止となった。現在は線路跡の一部を利用、約3キロに1000本のシダレザクラが整備され、観光地として注目を集めている。市は今年から、近接する喜多方商高跡地を約330台収容の臨時駐車場として無料で開放している。時間は午前8時30分~午後5時30分。期間中の土日は循環…[記事全文]

2016年04月15日 【福島民友新聞】



新聞社桜特集リンク
桜の記憶