47NEWS >  47トピックス >  てくてく桜

てくてく桜特集

47NEWSが桜の風景を綴った。沖縄から北海道までの桜前線を追う。厳選した、春の光景が広がる。

春の彩り、ロトウザクラ開花 市立長野図書館

春の彩り、ロトウザクラ開花 市立長野図書館

  長野市の市立長野図書館で22日、早咲きで知られる敷地内のロトウザクラが開花した。平年より2日遅い。つぼみに交じって薄桃色と白色の小さな花が咲き、通り掛かる人たちに春の訪れを感じさせている。  ロトウザクラは敷地の西側と南側に計13本が植えてあり、毎年5〜6輪開くと、図書館が開花を発表している。  この日は、冬型の気圧配置の影響で気温が低かったが、午後になって晴れ間が広がると、訪れた人が立ち止まって眺めたり、カメラを向けてシャッターを切ったり。ふっくらとして今にも咲きそうなつぼみが多くなって…[記事全文]

2017年03月23日 【信濃毎日新聞】

ソメイヨシノ開花、大宮公園で宣言 24日からライトアップも

ソメイヨシノ開花、大宮公園で宣言 24日からライトアップも

  さいたま市大宮区の大宮公園事務所は22日、園内の基準木に5~6輪の花が咲いたことを確認し、桜の開花を宣言した。昨年と同日で、例年と比べると3日早い開花。同園内に約千本あるソメイヨシノは、1週間から10日程度で満開を迎える。  熊谷地方気象台によると、同日のさいたま市の最高気温は、前日と比べ0・5度高い13・6度。向こう1週間は前線や気圧の谷の影響で雲が広がりやすく、最高・最低気温ともに平年並みか平年より低い見込みだという。  同園では24日から桜のライトアップ(午後7時~同9時)を実施する…[記事全文]

2017年03月23日 【埼玉新聞】

オカメザクラほころぶ 伊勢崎・西部公園

オカメザクラほころぶ 伊勢崎・西部公園

  群馬県伊勢崎市連取町の西部公園に植えられたオカメザクラが見頃を迎え、ピンク色の花が家族連れでにぎわう広場を彩っている=写真。 …[記事全文]

2017年03月21日 【上毛新聞】

河津桜、春の訪れ告げる 一宮の萬葉公園で見ごろ

河津桜、春の訪れ告げる 一宮の萬葉公園で見ごろ

  一宮市萩原町戸苅の萬葉公園では、早咲きの河津桜が見ごろとなった。二十日には大勢の住民らが見物に訪れ、花の蜜を求めて飛来するヒヨドリなどのさえずりを聞きながら、春の訪れを感じていた。  市観光協会などによると、先週半ばに園内の約二十本が満開となった。例年は三月下旬まで見ごろが続くというが、今年は連日の陽気で、すでに葉が目立つ木もある。  岐阜県羽島市から来た五十代の主婦は「葉が出てもきれい。大満足」と話し、カメラのシャッターを切っていた。  (植木創太) …[記事全文]

2017年03月21日 【中日新聞】

【いわき】一足早く『花見』...住民要望で再開 いわきで「河津桜まつり」

【いわき】一足早く『花見』...住民要望で再開 いわきで「河津桜まつり」

  常磐共同火力勿来発電所は12日、いわき市佐糠町の同社南側のグラウンドで「いわき・河津桜まつり」を開き、来場者が一足早い花見を楽しんだ。  同社は2005(平成17)年に創立50周年記念事業で早咲きの河津桜を50本植え、同イベントを開いてきた。東日本大震災以降は中断してきたが、近隣で堤防が整備されるなど復興が進み、地域住民からの要望もあったため再開した。  会場では、家族連れがピンク色の美しい桜を観賞しながら散策したり、カメラマンが桜の撮影を楽しんでいた。同社が来場者に飲み物を振る舞ったほか…[記事全文]

2017年03月21日 【福島民友新聞】

お先にヒガンザクラ - きょう春分

お先にヒガンザクラ - きょう春分

  きょう20日は二十四節気の一つ、春分。昼と夜との長さが同じになり、これから徐々に昼の時間の方が長くなっていく。また、この日を挟んで前後の一週間が彼岸となる。  奈良市五条町の唐招提寺ではサクラの野生種の一種、ヒガンザクラが3分咲きに。ソメイヨシノよりひと足早く咲くのが特徴。  同寺では講堂(国宝)の西側などに植えられており、寒い年も温かい年も不思議と彼岸の頃に咲くといわれる。今年も今月15日ごろに開花。本格的なサクラのシーズン到来もあと少しだ。 …[記事全文]

2017年03月20日 【奈良新聞】



新聞社桜特集リンク
桜の記憶