47NEWS >  47トピックス >  てくてく桜

てくてく桜特集

47NEWSが桜の風景を綴った。沖縄から北海道までの桜前線を追う。厳選した、春の光景が広がる。

日立紅寒桜が見頃 かみね公園

日立紅寒桜が見頃 かみね公園

 日立市かみね公園(同市宮田町)の頂上にある5本の「日立紅寒桜」が見頃を迎え、淡いピンク色の花を咲かせている。 市観光物産課や公園管理事務所によると、公園内には、吉田正音楽記念館周辺に5本、かみね動物園内外に2本の紅寒桜が植えられており、動物園入り口の紅寒桜は咲き始めだという。 このほか、多賀市民プラザやJR十王駅西口広場など市内に約300本の日立紅寒桜が植えられている。例年3月上旬に満開となる珍しい桜で、頂上の紅寒桜は2006年8月に日立市固有の新品種「日立紅寒」として品種登録された。 (…[記事全文]

2017年02月03日 【茨城新聞】

八重瀬の桜 ライトアップ 5日にまつり富盛

八重瀬の桜 ライトアップ 5日にまつり富盛

  【八重瀬】第11回やえせ桜まつりのライトアップが1月20日から八重瀬町富盛の八重瀬公園で行われている。桜は1月27日現在、一分咲きだが、ライトアップされ幻想的な雰囲気を醸し出している。  会場には町内の小学5・6年生が「八重瀬の特産品」をテーマに描いたあんどん約150個を設置した。町のマスコット「やえせのシーちゃん」や特産品のピーマンなど、児童らが伸び伸び描いたイラストがライトアップされている。2月5日(午後6~9時)まで。入場無料。  第11回やえせ桜まつりは5日午前11時~午後9時。舞台で…[記事全文]

2017年02月01日 【琉球新報】

河津桜咲き始め 見頃「2月中旬か」

河津桜咲き始め 見頃「2月中旬か」

  河津町の中心部を流れる河津川沿いで、早咲きの河津桜が開花し始めた。町や町観光協会によると、今年は暖冬の影響で花の開きが例年より1週間ほど早く、「2月中旬には見頃を迎えそう」という。  河川敷の両岸4キロに約800本の桜並木が続き、同所を主会場に2月10日から3月10日まで恒例の「河津桜まつり」が開かれる。1月中旬からつぼみがほころび始め、現在は一~二分咲き。町や町観光協会などでつくる実行委員会の見頃宣言は2015年が2月25日、16年が2月17日だった。今年はさらに早まる可能性がある。  河津…[記事全文]

2017年02月01日 【静岡新聞】

例年より1カ月早くカンザクラ開花 淡路

例年より1カ月早くカンザクラ開花 淡路

  早咲きの桜の一つ、カンザクラが兵庫県淡路市の淡路島国営明石海峡公園で咲き始めた。開花は例年より約1カ月早く、現在は三分咲き。寒い日が続く中、一足早く春の薫りを届けている。  カンザクラは淡紅色で一重咲き。花の大きさはソメイヨシノよりやや小さい。同公園によると、昨年末から年明けにかけて気温が高かった影響で、花芽の成長が進み開花が早くなったという。  同公園には他にカワヅザクラなど早咲きの品種が約150本あり、担当者は「例年より半月ほど早い2月中旬ごろには見ごろを迎えそう」と話す。  午前9…[記事全文]

2017年01月31日 【神戸新聞】

桜、やんばる春に染め 名護・今帰仁

桜、やんばる春に染め 名護・今帰仁

  【名護・今帰仁】本島北部では春の訪れを告げる「ヒカンザクラ」が花を咲かせ始めており、名護市と今帰仁村では28日、これに合わせた桜祭りが始まった。木によってはかわいらしいピンクの花が満開に近い桜もあり、県内外から訪れている多くの家族連れや観光客を喜ばせていた。  名護市では「第55回名護さくら祭り」(同実行委員会主催)が名護中央公園などで始まった。29日まで。県内外から多くの客が訪れている。実行委によると、全体的には三分咲きで、2月上旬以降に開花のピークを迎えるという。  今帰仁村では、ライ…[記事全文]

2017年01月29日 【琉球新報】

鮮やかに咲き誇り 名護さくら祭り開幕

鮮やかに咲き誇り 名護さくら祭り開幕

  【名護】「日本の春は、ここからはじまる」を合い言葉に第55回名護さくら祭り(同実行委員会主催)が28日、名護中央公園などで始まった。29日まで。名護城跡一帯に約1万本の桜の木が立ち並び、一足早く楽しめる桜を見ようと県内外から多くの観光客が訪れている。山頂付近には五分咲きの桜もあるが全体的には三分咲きで、来週以降に開花のピークを迎えるという。  28日午前11時から始まった開会式で稲嶺進名護市長は「まだ咲き誇っているとまでは言えないが、今後1~2週間、桜の花を楽しめる」とあいさつした。稲嶺市長や…[記事全文]

2017年01月28日 【琉球新報】



新聞社桜特集リンク
桜の記憶