47NEWS >  47トピックス >  てくてく桜

てくてく桜特集

47NEWSが桜の風景を綴った。沖縄から北海道までの桜前線を追う。厳選した、春の光景が広がる。

鍋島邸でヒカンザクラ咲く

鍋島邸でヒカンザクラ咲く

  国の重要文化財に指定されている雲仙市国見町の鍋島邸で、樹齢約90年のヒカンザクラの赤い花が咲き始めた。例年は2月末が見ごろだが、今年は暖かさの影響で10日ほど開花が早まっているという。19日から鍋島邸庭園を中心に始まる「緋寒桜の郷(さと)まつり」(実行委主催)は満開で初日を迎えることになりそうだ。  鍋島邸がある神代小路(こうじろくうじ)地区は江戸時代、佐賀藩神代領主鍋島氏の武家屋敷として栄え、今も水路や町並みに往時の面影を感じることができる。景観を美しく守ろうと住民らが約20年前、当時樹齢…[記事全文]

2017年02月10日 【長崎新聞】

早めの開花開幕に彩り 河津桜まつり、3月10日まで

早めの開花開幕に彩り 河津桜まつり、3月10日まで

  早春の訪れを告げる「第27回河津桜まつり」(同実行委主催)が10日、河津町で開幕した。今年は暖冬の影響で例年より開花が10日ほど早く、主会場の河津川沿いも既に五分咲き。両岸が濃いピンク色に染まり、華やかなスタートになった。  町や町観光協会などでつくる実行委によると、2002年以来の早い開花という。まつり本部の河津桜観光交流館で開幕式を行い、相馬宏行町長は「早春の河津、伊豆を多くの人に堪能してほしい」と呼び掛けた。  町内には約8000本の河津桜があり、中心部を流れる河津川沿いは約4キロにわた…[記事全文]

2017年02月10日 【静岡新聞】

三沢「桜まつり」、今春から「春まつり」に

三沢「桜まつり」、今春から「春まつり」に

  三沢市観光協会は、毎年4月29日に市中央公園(同市桜町1丁目)で開いてきた「みさわ桜まつり」を今春、「みさわ春まつり」に一新する。近年、桜の開花が早まる傾向にあることから、バーベキュー中心のイベントに変更。大型連休期間中に実施する同公園内のライトアップの方法を見直すほか、まつり当日だけ設置していたテントを大型連休期間中にも開設、雨天でも楽しめるようにする。 …[記事全文]

2017年02月08日 【東奥日報】

満開夜桜見て 鋸南

満開夜桜見て 鋸南

  鋸南町の頼朝桜(河津桜)が早くも見頃を迎えている。6日夜からは町役場と佐久間ダムでライトアップがスタート。昼と夜でそれぞれ違った姿を楽しむことができる。  早咲きで開花期間の長い頼朝桜。今年は昨年より半月早い1月19日に開花宣言が出され、保田川沿いをはじめとした町内各地で満開に近い状態となっている。町は「良い時期に楽しんでもらいたい」と例年より前倒しして照明で夜桜の魅力を演出することにした。  ライトアップは町役場敷地内にある標準木と佐久間ダムの水仙の小径で午後6~8時に実施する。  母…[記事全文]

2017年02月08日 【千葉日報】

ピンク満開、春の雰囲気 啓翁桜50本超の“並木道”・高畠

ピンク満開、春の雰囲気 啓翁桜50本超の“並木道”・高畠

  高畠町の高畠ワイナリーで、啓翁桜を館内に飾る「冬の桜回廊」が開かれており、鮮やかなピンク色の花が一足早い春の雰囲気を伝えている。  高畠ワイン(村上健社長)が毎年実施しており、10回目。同町時沢の佐藤庄一さんが育てた50本以上の桜を、通路やフードコーナー、エントランスなどに展示。通路には高さ約3メートルになる特大サイズをそろえ、並木道を演出している。  宮城県東松島市から訪れた小学校講師坂下千晶さん(32)は「この時期に桜が見られるとは思っていなかった」と話し、長男結音(ゆいと)君(2)は…[記事全文]

2017年02月06日 【山形新聞】

一足早く春告げ 金沢・西念、カワヅザクラ開花

一足早く春告げ 金沢・西念、カワヅザクラ開花

  金沢市西念4丁目の菓子店店頭で早咲きのカワヅザクラが開花し、一足早い春を告げた。3日は冬の青空が広がる中、薄紅色の愛らしい花が陽光に映え、来店客の心を和ませた。  菓子店はカステラなどを販売する烏鶏庵本店で、店舗入り口に鉢に植えた高さ約3メートルのカワヅザクラ1本が置かれている。現在は八分咲きで、サクラを世話している河内隆徳さん(71)は「今月中旬が一番の見ごろになりそうだ」と話した。…[記事全文]

2017年02月04日 【北國新聞】



新聞社桜特集リンク
桜の記憶