47NEWS >  47トピックス >  てくてく桜

てくてく桜特集

47NEWSが桜の風景を綴った。沖縄から北海道までの桜前線を追う。厳選した、春の光景が広がる。

松本城と桜、ライトアップ始まる

松本城と桜、ライトアップ始まる

  国宝松本城(松本市丸の内)で十三日、恒例の夜桜会が始まった。本丸庭園が無料開放され、城周辺の桜のライトアップもスタートし、市民や観光客らがお城と桜の美しい光景を楽しんでいる。夜桜会は二十日まで、ライトアップは二十二日まで。  松本城管理事務所によると、本丸庭園の桜は三~五分咲きになっている。天守の月見櫓(やぐら)ではフルートや琴、尺八などの演奏もあり、松本城公園一帯に幽玄な音色が響く。  訪れた人たちは、咲き始めた桜の下を散策したり、写真に収めたりしており、会社帰りに同僚と三人で訪れた同市…[記事全文]

2017年04月14日 【中日新聞】

山川沿いの桜並木

山川沿いの桜並木

 集落の絆つなぐ春景色  鮫ケ尾城の麓、妙高市神宮寺集落を流れる山川の右岸堤防には、36本の桜が約350メートルにわたって並ぶ。ほぼ満開の桜は残雪の南葉山を借景に春の頸城野を彩っている。  約30年前から、市を通じて苗木を3回にわたって譲り受け、集落を挙げて育ててきた。「開花するとみんながここに集まってくる。集落の絆をつないでいるんです」と区長の丸山康夫さん(66)。桜並木は上信越道上越高田インターチェンジから車で約10分。  対岸にある神の宮温泉「かわら亭」の露天風呂からは、山並みを背景に…[記事全文]

2017年04月14日 【埼玉新聞】

レンギョウや桜が見頃 茂木「花の山」

レンギョウや桜が見頃 茂木「花の山」

  【茂木】小山の観光自然園「花の山」でユキヤナギやレンギョウ、ソメイヨシノが見頃を迎え、白、黄、ピンクなど色とりどりの花々が山肌を染めている。  同園は谷間の約11万5千平方メートルに100種を超える花木が植栽されている。現在はレンギョウなどのほか、ボケやツバキ、ハナモモなども開花している。来場者は1周約4キロの遊歩道を歩いて写真を撮ったり、ベンチで食事をしたりしながら春の里山を満喫した。…[記事全文]

2017年04月14日 【下野新聞】

【福島】花見山...色彩あふれる『桃源郷』 桜やレンギョウなど見ごろ

【福島】花見山...色彩あふれる『桃源郷』 桜やレンギョウなど見ごろ

  福島市の花の名所「花見山」で桜やナノハナ、レンギョウなどが見ごろを迎え、色鮮やかな「桃源郷」の情景が観光客を包み込んでいる。  桜は13日現在、ソメイヨシノこそ咲き始めだが、トウカイザクラやヒガンザクラが満開となり、レンギョウやナノハナの黄色、ボケの赤色が美しいコントラストを描いている。  同日、名古屋市からバスツアーで初めて訪れたという唐沢邦子さん(65)は「まるで花園のようで素晴らしい」と咲き誇る花々を堪能していた。…[記事全文]

2017年04月14日 【福島民友新聞】

松本城「夜桜会」始まる LEDでより美しく

松本城「夜桜会」始まる LEDでより美しく

  松本市の国宝松本城で13日、本丸庭園を無料開放して桜をライトアップする「夜桜会」と、外堀などの桜並木をライトアップする「国宝松本城桜並木光の回廊」が始まった。茶席やフルート演奏などがあり、観光客らが明かりに浮かぶ花を写真に収めたり、散策したりして楽しんだ。  松本城管理事務所によると、本丸庭園のコヒガンザクラやシダレザクラは13日時点で三〜五分咲き。今年から照明を発光ダイオード(LED)に変更して光の色が太陽光に近くなり、花がよりきれいに見えるようになったという。  夜桜会は20日までの毎…[記事全文]

2017年04月14日 【信濃毎日新聞】

残雪の中アと桜の共演 中川・大草城址公園

残雪の中アと桜の共演 中川・大草城址公園

  中央アルプスを見渡す高台にある中川村の大草城址(じょうし)公園で、エドヒガンザクラが見頃を迎えている。13日は、枝を覆う淡いピンクの花びらが残雪の峰々を背に際立った。訪れた多くの人が見入った。  公園内には、開花時期が異なる計9種・300本弱の桜が植えられている。園内で村特産品などを販売する「咲(さ)く楽(ら)市」を開いている有志の実行委員会によると、早咲きのエドヒガンザクラやシダレザクラは8分咲きで、ソメイヨシノは3、4分咲き。ほかにも遅咲きの桜があり、今月下旬にかけて楽しめそう。  暖…[記事全文]

2017年04月14日 【信濃毎日新聞】



新聞社桜特集リンク
桜の記憶