47NEWS >  47トピックス >  てくてく桜

てくてく桜特集

47NEWSが桜の風景を綴った。沖縄から北海道までの桜前線を追う。厳選した、春の光景が広がる。

トンネル内に桜のシルエット 滋賀、ミホミュージアム

 トンネル内に桜のシルエット 滋賀、ミホミュージアム

  満開の桜並木を抜けて、トンネルの途中で振り返った。ステンレスの内壁が、太陽の光を浴びた花の色にうっすらと染まっていた。古美術品を中心とした約2千件の所蔵品を誇るMIHO MUSEUM(滋賀県甲賀市信楽町)をヤエベニシダレザクラが彩る。  美術館棟に続く遊歩道に約80本が植わる。美術館は桃源郷をコンセプトに設計された。桜並木の先、洞窟をイメージしたトンネルを抜けると美術品の数々が出迎える。  カメラを向けていると、来館客も立ち止まり、感嘆の声を上げていた。アーチ型の形状いっぱいに桜が咲き誇る…[記事全文]

2017年04月19日 【京都新聞】

【福島】〔ふくしま・さくらだより〕慈徳寺 樹齢300年の『種まき桜』

【福島】〔ふくしま・さくらだより〕慈徳寺 樹齢300年の『種まき桜』

  福島市佐原の慈徳寺の「種まき桜」は樹齢300年といわれ、開花を目安に種をまいたことからその名がある。同寺にはカタクリの群生地もあり、突然変異の白花が毎年咲き、人気を集めている。  【アクセス】東北道福島西インターチェンジから車で約15分。佐原小から北へ徒歩約10分…[記事全文]

2017年04月19日 【福島民友新聞】

「三春滝桜」荘厳の美 八分咲き、夜間ライトアップも

「三春滝桜」荘厳の美 八分咲き、夜間ライトアップも

  福島県三春町の国指定天然記念物「三春滝桜」の開花が進み、見ごろを迎えている。  18日には多くの人が足を運び、日本三大桜の一つに数えられる三春滝桜の荘厳な姿に見入っていた。  町によると、三春滝桜は18日現在で八分咲き。順調に開花が進めば、20日前後には満開になる見込み。見ごろは今週末ごろまで。  23日まで夜間ライトアップが催されており、光に浮かび上がる三春滝桜を楽しむことができる。ライトアップは午後6~9時。…[記事全文]

2017年04月19日 【福島民友新聞】

<中島の地蔵桜>花影で 水面を染める

<中島の地蔵桜>花影で 水面を染める

  福島県二本松市針道にあるベニシダレザクラ「中島の地蔵桜」が三分咲きとなり、田んぼの水面(みなも)に逆さの桜を映している。夜はライトアップされ、訪れた人たちが春の絶景を堪能している。  田んぼ脇の斜面に立つ古木は樹齢約200年。美しさに引かれた地元住民らが手入れをし、2010年からライトアップしている。  針道地区は福島県の浪江町や川俣町に近く、6年前には東京電力福島第1原発事故で被災した多くの人が避難してきた。地蔵桜を守る会の鴫原(しぎはら)俊郎会長(74)は「優しい立ち姿は、福島の一日も早い…[記事全文]

2017年04月19日 【河北新報】

【福島】〔ふくしま・さくらだより〕大森城山公園の桜 夜はライトアップ

【福島】〔ふくしま・さくらだより〕大森城山公園の桜 夜はライトアップ

  伊達政宗ゆかりの地で、公園全体にはソメイヨシノやシダレザクラ、ヤマザクラなど約700本以上の桜があり、ソメイヨシノは満開。ライトアップもされ、夜は福島市街地の夜景も楽しめる。  【アクセス】福島駅東口からバスで20分(平田行き)。大森本町信夫支所入口から徒歩15分…[記事全文]

2017年04月18日 【福島民友新聞】

黄緑色の桜が見頃 人吉市の温泉旅館

黄緑色の桜が見頃 人吉市の温泉旅館

  黄緑色の花が特徴の八重咲きの桜「御衣黄[ぎょいこう]」が、人吉市の温泉旅館で見頃を迎えている。例年より開花が半月ほど遅く、22日ごろまで楽しめそう。  「御衣黄」は、昔の貴人が好んで身に着けた衣装の色に似ていることから名付けられたという。矢黒町の「石亭の館」には敷地内に6本ある。  同旅館取締役の川越公弘さん(71)は「御衣黄に続いてヤマザクラや八重桜が咲くので、今年は4月末まで桜を楽しめそう。自由に見に来てほしい」と話している。同旅館TEL0966(22)3637。(小山真史)…[記事全文]

2017年04月18日 【熊本日日新聞】



新聞社桜特集リンク
桜の記憶